銭の力で、戦国の世を駆け抜ける。 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

銭の力で、戦国の世を駆け抜ける。 5

夢幻の如くなり。天下統一を成した信長の見た夢とは……。
著者: Y.A (著者) / lack (イラスト)
シリーズ:銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

天下統一を果たし、順風満帆の信長。
その勢いで信長は国外にその勢力を伸ばそうとするが、出兵した朝鮮で思わぬ苦戦を強いられる。
次々と要所を陥落させていくも、進軍と補給が噛み合わず統制がとれず、断続的な補給路は伏兵の格好の的に。
加えて、言葉の壁というものが追い討ちをかけていくのだった。
時に、光輝らが戦国の世に降り立って早30年と余。当時からの重臣らも高齢となり、病気や老衰が目立ち始め、天寿を全うする者も。
そしてそれは、信長とて例外ではなく……。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    朝鮮出兵して、戦闘では勝ってるが統治が上手くいかない。 キリスト教は奴隷売買を止めさせようとしているが、、イスパニアは無視している。それによってキリスト教との付き合い方を考え初めているが、そこで大名では御家騒動が勃発。。 最後に、、織田信長が亡くなった。。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 美周郎

    信長死す。横光の三国志で曹操が死んだときの、短所もあったが長所がそれに勝ったという表現がすごくあう、人間くさい大親分なキャラがとても良かった、合掌。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TAMA

    「よく調べたなあ」が一番の感想なのは変わらずですが、ほかの小説でもキリスト教と奴隷制について言及があってうーむ。一向一揆の信者の考えにも似た、それって今でいうブラック企業の滅私奉公や新興宗教の教義にも見えたりして。人って弱いものだなあ。大陸への侵攻も、島国の考えとはまた違う駆け引きがあるよう、それをめぐる国内情勢。信長という人の先進性、そのカリスマとか。イフではあるけどリアリズムがあって楽しめました。この後どうなっていくのか期待して次を待つ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Abercrombie

    ○ 切なくも清々しい信長との別離のシーンにぐっときた。功臣も次々亡くなる中、細川藤孝、蒲生氏郷、柴田勝家と、主人公と不仲な面々ばかりが生き延びていることに不穏な気配を感じる…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 史実での秀吉もそうだったけど、朝鮮出兵はなぁ……。信長亡き後、光輝たちはどうしていくのか。続刊が気になる。いつでるんだ!? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/11/25
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040695013

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK