最強の鑑定士って誰のこと? 満腹ごはんで異世界生活
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

最強の鑑定士って誰のこと? 満腹ごはんで異世界生活

料理で胃袋わし掴み!? 男子高校生、異世界で主夫生活始めます!
著者: 港瀬つかさ (著者) / シソ (イラスト)
シリーズ:最強の鑑定士って誰のこと?(カドカワBOOKS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

突然、異世界へ転移してしまった男子高校生の釘宮悠利。
ダンジョンで迷子になっていた所を《真紅の山猫(スカーレット・リンクス)》の
冒険者達に保護されることに。


転移した際に鑑定系の最強技能(スキル)【神の瞳】を得ていたが、そんなことにはお構いなし!
元々の料理の腕や細かい作業が好きということが高じてアジトの料理担当に収まり、
周囲の人々の胃袋を掴んだり、異世界にないものを生産したりとチート能力の無駄使いオンパレード!
色々やらかしては怒られつつも、まったり異世界ライフをエンジョイ中!!

コロッケにサンドイッチ、手作りマヨネーズetc.
美味しいスローライフ開幕!!


書籍限定エピソードも収録!
特別編「ダンジョン土産は異世界キノコです」
お楽しみに!!

パートナーのおすすめレビュー

  • 森羅万象をあばく最強の眼の持ち主だけど、今日もスキルを無駄遣い!?

    ノエル
    ノエル
    お料理にお裁縫が大好きな主人公・悠利は、とっても家庭的な男の子! そんな悠利が異世界に転移しちゃって、ダンジョンで迷子になっているところを、冒険者クラン《真紅の山猫(スカーレット・リンクス)》に保護されるの! 元の世界に帰る目途が立つまで、悠利はクランの家事全般を任されることになったみたい。

    異世界に転移した悠利は、なぜか鑑定系最上級スキル【神の眼】を持つ「探求者」になっていたの! なんでも鑑定できちゃう【神の眼】で、一体どんな無双をしちゃうんだろう……なんて思ってたら……あれれ? 新鮮な野菜を選んだり、見慣れない異世界のお肉を調べるのに【神の眼】を使っちゃうの! せっかくのチート能力なのに、使い方がもったいないよ~!

    でも悠利は持ち前の家事スキルとチート能力を使ってみんなの胃袋を掴んで、クランの愛されキャラになっていくんだ! 朝早くからダンジョンに出かける仲間のために、お弁当のサンドイッチを持たせてあげたりして、とっても献身的!

    チート能力は持ってるけどスローライフ全開。異世界でおくる悠利の日常を、のんびり楽しめちゃうお話だよ!
  • 主人公みたいに自分も料理を作って誰かを喜ばせたくなります!

    つむぎ
    つむぎ
    異世界に転移した悠利さんが身を寄せているクラン《真紅の山猫》。ここはトレジャーハンター養成所ということもあり、駆け出しの冒険者たちがひとつ屋根の下で共同生活をしているんです。

    食事の支度は新人の仕事。でも、新人たちの多くは限られた食材を後先考えずに消費してしまって……。今晩の献立に使えるのはジャガイモとパン。それに、かろうじて実が残った野菜の皮と、肉がほとんどついていない骨。でもこの絶望的な状況から、悠利さんは見事、家庭の食卓にもおなじみの料理を作り上げます。なにが出来たのかは本編を読んでのお楽しみ。「どんな料理ができるんだろう?」というグルメものならではのワクワク感を味わえますよ!

    やがて、悠利さんの料理の腕はクランの外にも知れ渡ります。店主のケガでピンチの食堂のために、誰でも作れる新メニューを提案。他にも自家製マヨネーズで商人を虜にしてしまったり。

    無欲な悠利さんは自分が作った料理で相手の喜ぶ顔が見られるから好きなんですね。家事を楽しそうにする悠利さんを見ていると「私も頑張ろうかな」と思えました!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • しましまこ

    「高校生のおかん力」だと?買うしかない!読友さんのレビュー買い。高校生の異世界トリップもの、神の瞳∞なんちゅー最上級の探求者、普通にチート!なのにのほほん乙男のユーリくん。戦わない、悩まない、おまけにラブもない。趣味の料理手芸三昧でまったりおかんライフ。お腹が空いた~。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • すがやん

    乙男というか、おかんといった感じの高校生の異世界スローライフ。鑑定や錬金の凄い能力あっても、ほぼ料理にしか使ってないし、冒険も戦闘も皆無。気楽にのんびり読んでいく。ほのぼの乙男の冒険者お世話日記。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 瀧ながれ

    異世界トリップしたけどちっとも悩まずに、料理や裁縫で居場所をゲットした男子高校生ののほほんな日々。たいへん心地よく読みました、けど、西洋風なのにパンや胡椒のほかに米や醤油が普通に手にはいるこの世界の食料事情てどうなってんの?耕作地の地形とか土壌とか運輸とか加工技術とか…。もしかして過去にも食いしん坊日本人がトリップしてきたのかしら。そういうことが気になってしまいました。醤油て醤油だよね、魚醤しゃないよね。なんだか苦労人のアリーさんと、無口なマグくんが好きです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • cycle

    異世界転移もの。共同生活してる冒険者たちにひたすらご飯作る話がメイン。楽しんで読んだけど続きはいいかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サンゴ

    胃袋を掴むかw 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • カドカワBOOKSコラボ
    ぜるるが作成したまとめカドカワBOOKSコラボで紹介されています。
    0

関連情報

食欲の秋 おながが空いちゃうライトノベル

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/07/10
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040724034

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK