デート・ア・ライブ 16
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

デート・ア・ライブ 16

かつてデレさせられなかった狂三を、デレさせろ!?
著者: 橘公司 (著者) / つなこ (イラスト)
シリーズ:デート・ア・ライブ(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

来禅高校に復学した精霊――時崎狂三。「――わたくしと士道さん、相手にデレた方の負け……というのはいかがでして?」士道の力を欲する狂三と、狂三の力を封印したい士道。二人の二度目の戦争が始まる――。

みんなからのレビュー

  • よっち

    来禅高校に復学し士道の前に再び現れた時崎狂三。その霊力を封印したい士道と士道が封印した精霊の霊力を欲する狂三が、バレンタインデーに向けて全てを懸けた二度目の戦争が始まる第十六弾。勝負を仕掛けて士道や他の精霊たちを女子力で圧倒する狂三。精霊たちもまたらしさ全開で突っ走ったりでエピソードとしてなかなか面白かったんですが、その裏で進行していた深刻な事態に対しての狂三の孤軍奮闘ぶりには衝撃でした。明らかになった意外な真実と行き着くところまで行き着いた感のある攻防、そして狂三との決着がどうなるのか次巻が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★狂三回再び。短編で、そのポンコツさを発揮したり、使い勝手のいい天使の力で度々キーパーソンとなっていた彼女だったが、ようやくのメイン回。ヒロイン力が限界突破していたように感じた。前回の六喰攻略を経て、大きく成長した士道による狂三デレさせ作戦を受けての可愛らしい姿。彼女が始原の精霊を殺そうと思うに至った過去。そして、彼を死なせないために、人知れず果てることのない地獄に身を投じるといういじらしさ。どこを取っても狂三一色でとてもよかった。時間を操る能力としてタイムリープは鉄板ではあるが、だからこそ響く。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナカショー

    アンコールではかなりの存在感を発揮していた狂三の久しぶりのメイン!ただのネタキャラじゃ無かったんだと再確認できる位に狂三がメインヒロインとして輝いていました。狂三の過去も描かれていて、何故最悪の精霊と呼ばれるようになってしまったのかもわかりとても良かったです。狂三とはどの様な決着をつけるのか、士道の腕の見せ所に注目ですな。次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    友人からの借本。遂に狂三がメインの巻。これでもかと狂三の魅力が発揮されている巻である。特に士道を救う為に、何遍も過去改変をおこなう件はヒロインではなくまさにヒーローでありカッコよかった。零番目の謎、ファントムの正体が明らかとなったがどう締めくくるんかな?今回も挿絵最高でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    再びの狂三回。なぜ狂三が最悪の精霊と呼ばれるようになったのか、そして少女としての狂三の部分が見れてとても嬉しいです。あとファントムの正体が明かされましたが予想通りでした。次巻で狂三が完オチですかね、狂三がデレまくったらヒロインレース一抜けでしょう。てなわけで次巻が非常に楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル