エスケープ・シープ・ランド
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

エスケープ・シープ・ランド

死ぬときは――一緒に死んでね! 孤島の遊園地で始まる殺戮のゲーム!
著者: 馬場 翁 (著者) / 輝竜司 (イラスト)
シリーズ:エスケープ・シープ・ランド(カドカワBOOKS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

親からの虐待により、人間不信の中、どこか醒めた生活を送っていた柏木大悟は、突然、見知らぬ女子とペアを組み、命を賭けたゲームに参加させられることになるが……?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ろびん

    えげつないラストだな……。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さあささん

    群像劇のデスゲームものです。/色々な人が羊と狼の殺し合いに参加する話ですね。主人公格は大吾です。憎悪と愛の物語でもあります。人間として狂った人々が多数登場しますが、キャラの人数の割にページ数が少ないため内面描写はそれなりですが背景描写が薄い印象があります。もう少し何人か掘り下げて欲しかったですね。優の造詣はすごく良かったです。大吾とのエピローグと最後の挿絵はゾクゾクしました。/デスゲームものらしく煮えきらない終わり方ですが、続いてくれたら嬉しいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • プリムローズ

    デスゲームと「蜘蛛ですが~」が好きなので、とても期待して読み始めました。各キャラの掘り下げが弱いせいで、緊迫感なく淡々と話が進み、あっけなく終わりました。ここまで主人公が活躍しない話も珍しい。キャラも話の展開も魅力がないので、続編書くより蜘蛛の方に専念してほしいなあ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぐ

    7日間狼に殺されなければ賞金が貰えるゲームのはなし。大吾が最初から最後まで報われない。大吾の母親がクズすぎて…最期までクズってどういうことなの。唯一の救いは優に惚れられ守られたことかな。次巻発売されるのかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • るるる

    設定は、ライアーゲームと逃走中とバトルロワイヤルを足した感じ。 借金した人が、追いかける狼から一週間前逃げたら勝ちという、ゲームに参加させられて殺し合うストーリーです。 さらっと読めました。戦闘シーンは短い文章の連続で臨場感ある表現になってます。 もっと、登場人物のキャラや背景を書き込んで欲しいです。 ストーリーがもっと広がると思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/03/10
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040722221

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK