銀河中心点
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

銀河中心点

航海訓練中に未知の星に遭難。帰還を懸けたサバイバルが始まる――!
著者: 三度笠 (著者) / 電鬼 (イラスト)
シリーズ:銀河中心点‐アルマゲスト宙域‐(カドカワBOOKS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ゲムリード航海術科学校359期生ダン・グレイウッド。卒業試験となる星系航海で“いわくつき”の元軍艦「クイジーナ2」に割り当てられたダンは航海中、宇宙船の故障で未知の座標に飛ばされてしまい……!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 依音@いおん

    久しぶりにSF読みましたねーwそれにしても…発見した惑星って…。次巻が出たらSFからSとれたりしない…?ww っと、Webの方はこの巻の所までで完結なのか。残念。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • へ~ジック

    宇宙の帆船小説といったところでしょうかね。宇宙探査船「クイジーナ2」に乗り込んだ訓練生の日常と、船の沈没までを描く。体調をよくしてないと楽しめないな。なんでもそうだけど。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みやしん

    結果的に正常化バイアスの積み重ねが惨事を誘発したけど…え?これで終わり?続きは?昭和打ち切りロボットアニメみたいな「完」。主人公はクライマックスまでヒーローっぽくなく、ヒロインも別になんの秘密もなかった。数千年単位のテラフォーミング観測や恒星間交流などSF要素はふんだんにあり、似たような人型進化態の必然等無理ない説明だったのに、作中ギミックとして活きず。観察対象を見続けているような、淡々と退屈な読書感。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    レーベル的にはハヤカワとかに向いてそうな硬派な設定で、そういう意味では「このレーベルにしては硬い」って若干レーベルエラーな印象はある。更にこのクリフハンガーもいいところの終わり方で、衝撃的だった。次回どうするんだ、そもそも次巻ちゃんと出るのか、これ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • へ~ジック

    宇宙船舶ものとみて衝動買い。中々面白い一作でした。基本に忠実な船舶ものと言えばよいのか。見習い船員、しごきを与える先輩船員、渦巻く陰謀、嵐と漂流。神の見えざる手によって降りかかる災禍に敢然と立ち向かう姿は貴かった。あと、同じ人の別作品に繋がると後書きに在りましたが、この仕掛けが面白いと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/03/10
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040722207

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK