武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 10
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 10

武に身を捧げて百と余年。エルフの少年は旅路の果てに何を見る。
著者: 赤石赫々 (著者) / bun150 (イラスト)
シリーズ:武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ただ純粋に力と技を鍛え、この世で“最強”を目指してきたエルフの少年は、始まりの地に降り立つ――。仲間を、武の誇りを、世界を、そして最愛の人を守るため、スラヴァは史上最強の敵・ガルトとの最終決戦に挑む!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • アウル

    最終巻。最後は愛の力でラスボスを撃破するとは、Gガンかい!と思わずツッコんでしまったわ。最終決戦に向け里帰りしたスラヴァ達、いろいろと女性陣とフラグ建てまくっていたがそれも回収しているのは良かったし、ちゃんと相手を決めているのも良かった。その分色々と詰め込みすぎて薄味になってしまっている感がするのが残念かな。それでも最後まで熱く、楽しく読めて面白い作品だったな。次回作がどんなのになるかわかんないけど出たら買おう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    心の清算の為、始まりの地へと帰り強敵との決戦に挑む今巻。―――旅路の果て、始まりの地で掴んだものとは。始まりの地、ミラフィアで旧友達と拳を交え、そして大切な人、シェリルを見定めたスラヴァはガルドとの戦いに挑み、シェリルと二人の力を重ね、二つの武術が重なる技で打ち倒す。最後まで心の底から熱かったこの物語。強敵を倒した後も、スラヴァの負けられぬ戦いと修行の旅は続いていく。これから先、彼らの終わらぬ修行の旅はどうなるのか。でもきっと、彼等の強い絆があればどんな戦いも越え、最強に至るのだろう。 うん、面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ろびん

    大団円。ラストにしてはなんだかほのぼのしてたなー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 尚侍

    とっても面白かった。最終巻にふさわしい盛りだくさんの内容で、最後まで楽しむことができました。最終戦の前に思い出の地を巡るというのはお約束の展開ではありますが、これだけきちんと描かれるとやはり盛り上がりますね。その分最後の戦闘シーンはこれまでのそれと比べるとやや淡白な印象でしたが、そこに至るまでの話がきちんと描かれているのでこれはこれでいいのかなと思いました。なにはともあれ無事完走おつかれさまでした。次回作も楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちゃか

    スラヴァがうじうじと悩むことなく、しっかりと一人を選んだのは偉い。もっとも、寿命が長い種族でもあるし、気も長そうというか。それだけで諦めるような娘たちでもなかったですけどね。 厄介事の種が消えて、これから楽しい日常(彼らからすれば修行と戦いの日々)が待ってるんだろうなと思える終わりかただったのは良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK