真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 3

愛しい人の温もりで幸せいっぱい――超人気・辺境スローライフ第3弾!!
著者: ざっぽん (著者) / やすも (イラスト)
シリーズ:真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

温暖な地域である辺境ゾルタンにも、冬の寒波がやってきた。「寒い日だからこそ来たくなるような薬でもあればいいのに」リットのそんな提案から、レッドはかつての冒険で得た知識を駆使し新商品の開発に取りかかる。やがて、ゾルタンでは珍しい雪が降り始め、夜の森で雪を眺める二人は肌を寄せ合い暖め合う――「あなたの身体ってあったかいねえ」愛しい人と温もりを分かち合う二人の生活は幸せいっぱい。
一方、"勇者の加護"による衝動から解き放たれる為、ルーティは暗殺者ティセと共に辺境の地・ゾルタンへと向かうのだが・・・・・・!? WEB発大ヒット作、3万字超大幅加筆による新規書き下ろしエピソードを収録。加護によって引き離された兄妹、二人の運命が交錯する第3弾!!



みんなのデータ

  • 11
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    冬の寒波がやってきた辺境ゾルタン。リットの提案から、レッドは新商品の開発に取りかかり、一方、勇者の加護による衝動から解き放たれる為、ルーティはティセと共に辺境の地・ゾルタンへと向かう第三弾。リットとレッドの仲がいい雰囲気は相変わらずいい感じでしたけど、ここでティセとともにパーティーを離脱してきた勇者ルーティと再会したことはひとつの転機になるんでしょうかね。加護に振り回され引き離された運命を何とかしようとする兄妹がいて、家の再興のために勇者に妄執する賢者がいて、ここまでくると衝突は不可避な気がしますが…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★☆ 今巻は特に大きな事件が起きるわけではなく、どちらかというとこの世界において「加護」とはなんなのか?そして、強力な力と引き換えにどのような弊害をもたらすのか、という部分に焦点を当てた話だった。勇者の加護の影響で物心付いた時から苦しんでいたルーティ。よくあるチョロイン(この場合ヒロイン枠に入れていいのかは疑問だけど)のように無条件でギデオンに懐いているわけではなく、きちんとした理由の基であそこまでブラコンを拗らせているのはかなり好感が持てた。ただ、今後ルーティが勇者の加護の影響を受けなくなった場→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【再読】冬が迫るゾルタンで安穏な日々を送るレッドとリットと、遂に妹である勇者ルーティと再会した今回。望むと望まざるに関わらず『加護』によってルーティが如何に苦しんだか分かる回でもありました。アスラデーモンのシサンダンの暗躍や、狂気に満ちたアレスの執念がレッドたちにどう影響するのか気になるところ。 ところで、表紙を初めて見たとき、ついに結婚して子供ができたんだなって思った。幸せそうな顔するレットのお腹に、愛おしく思う顔をしたレッド手を置いてたらそう思うじゃない?あとティセの独白部分がほっこりして良いです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    遂に!遂に!兄貴が恋人と同棲してイチャイチャしてる処に勇者の妹が来た!!修羅場か?「渡る世間は鬼ばかり」か?泉ピン子なのか?!←意味不明。と期待していた時期がありました。 勇者が気の毒だった、苦労してるんだねぇ〜(涙) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    さて今巻はルーティがゾルタン入り、再会したレッドやリット、ルーティと本当の意味で友人となったティセも含めてルーティの加護について対策を練る一方で、ゾルタンの港には…というお話です。今巻は嫌という程「勇者」の加護についての厄介さが分かる内容でしたが、それと同時にティセが勇者様でとしてではなくルーティの友人となって…、と言った話でとても良かったと思いました。その後ダナンやアレスにテオドラなども続々とゾルタン入りしてさてこれから…と言う感じですが、アレス絡みでまた荒れそうで次巻どうなるのか気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK