緑王の盾と真冬の国
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

緑王の盾と真冬の国

盾に転生した私が目覚めたのは、一年中雪が降りそそぐ真冬の国だった。「汚らしい盾だ」と言われ、誰にも見向きをされない私に手を伸ばしてくれたのは、心優しい第六王子で――。「ずっと、私が守ってあげるよ!」
著者: ぷにちゃん (著者) / 緋原ヨウ (イラスト)
シリーズ:緑王の盾と真冬の国(カドカワBOOKS)

あらすじ紹介

盾に転生した私が目覚めたのは、一年中雪が降りそそぐ真冬の国だった。「汚らしい盾だ」と言われ、誰にも見向きをされない私に手を伸ばしてくれたのは、心優しい第六王子で――。「ずっと、私が守ってあげるよ!」

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 合縁奇縁

    『「盾」に転生してしまった私――優しい第六王子を守り抜いて見せますっ!』盾に転生したハーミアが目覚めたのは、一年中雪が降りそそぐ真冬の国だった。城の宝物庫で目覚め、王族たちの武器になるのだと思っていたのだけれど、「汚らしい盾だ」と言われ、誰にも見向きをされない。そんな私に手を伸ばしてくれたのは、同じく孤独だった、心優しい第六王子・ハスティアークだった。「どうか僕と、ともに生きて」という願いに私は応える。『ずっと、私が守ってあげるよ!』王子とハーミアが二人三脚で春を探すエピックファンタジー。主人公は剣でなく 続きを読む…

    ネタバレあり
  • もみち

    【図書館】面白かった。語り手ハーミアの口調が軽いので、気になる人は気になるかも。/主人公の転生先は「盾」!? 宝物庫で目覚めてから、王子や姫が来ては、自分以外の宝物を持ち帰っていく。果たして「私」は、日の目を見ることがあるのだろうか。そんな中で「私」を選んでくれた、末席の王子・ハスティアーク。6歳。頼りなさげだけど、金髪が素敵な男の子。盾の「私」はこの王子を守りたいと強く思う。/盾能力パラメータが潔いほどゲーム仕様。その分見やすく、私も「次は何(防御、装飾、癒し、変身)に振ろう…」と考えてしまう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちはや

    【KU】これ、続きあるのか。いや、あるよね(笑)ファンタジーラノベも異世界転生物も多々読んたけど、盾に転生した子は初めてじゃ(笑)剣は見たことあるけどな。長い年月をかけて、主である第六王子と盾は意志の疎通ができるまでに!傍から見れば誰と会話してんの?ですけど。第六王子に矛となる友達ができて嬉しい盾ちゃん。ここで矛盾はしないようにね。演習で一度やってるけどね(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 宮城

    web既読済み。サクッと読めた。webで読むのもいいけどやっぱり紙の本として読むのが一番いいね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あると

    思った以上に最高だった 主人公は盾なのに、なんだろう、ほっこりします。 ご主人も尊いです笑 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/11/10
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040721088

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK