ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの? だって好きなんだもん
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの? だって好きなんだもん

ちょっぴりウザい? だけどカワイイ! 神様との100%学園ラブコメ!
著者: 三月みどり (著者) / なえなえ (イラスト)
シリーズ:ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「優吾(ゆうご)よ、そんなに天真陽毬(てんしんひまり)が好きなのか?」
「あぁ。俺は天真が好きだ」
「ど、どうして我(われ)のことをす、好きになってくれないのだ。我はこんなにも美しくて胸も大きいというのに。我は優吾のことが好きだ! だからわ、我と付き合ってください!」
「すまん月宮。俺はお前とは付き合えない」
「そんな!? 我じゃダメなのか? お前の想いは絶対に天真には届かないぞ。何故なら、我がラブコメの神様でこの力で優吾の告白を邪魔し続けるからだ!」
「お前はそんなに俺の恋を邪魔したいのか?」
「うん」
「即答!?」
「だ、だって……わ、我は、優吾のことが好きなんだもん! だ、だから、優吾は早くあの女を諦めて、わ、わわ、我を好きになってください!」

みんなのデータ

  • 34
    評価する
  • 69
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ami*15

    独特なキャラを持つ各ヒロインに愛着がわきやすく、サクサクと読みやすかったです。陽毬に告白しようとするたびに怪現象?が起き、告白に失敗してしまう優吾。しかしこの現象には“ラブコメの神様”アテナの恋が関係していた。ひたすら告白を邪魔しながら優吾にアピールをするアテナには圧倒されました。優吾の思いが陽毬に届く時が来てほしいな…と途中まで思ってましたが、ラストでは陽毬の思わぬ姿が発覚。この事実を知っても優吾は陽毬を好きでいるのか?凄く興味あります。あと優吾とユノって好きな相手は違うけど、結構性格が似てそう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばたやん@かみがた

    恋の神様がラブコメに降臨するのは見かけるが、三角関係の当事者になったラブコメはあったかな?ありそうだな…それはともかくこの設定を使って両想いの男女の仲が成就するのを寸土目でストップさせているのが上手い。二人のヒロインが気立ての良い“いい子”なので少々の波乱があっても安心して見てられる。妹と中性な娘が出てるがこれからも傍観者でいて欲しいところ。後、主人公、本命の娘のあからさまなサインに鈍感過ぎでしょう、他の局面ではあんなに気が回るのに。お約束って奴ですか… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★☆ サクサクと読み進めていけるラブコメ物で読みやすかったし、3人いるヒロインが皆魅力的でそれぞれがそれぞれの良さを持ってて3人とも応援したくなった笑最後に陽毬のぶっ飛んだ本性が表れてて今後はそういったところを掘り進めていくのかな…?それにしてもこれだけ優吾に拒絶されてもへこたれないアテナが凄い愛らしい笑 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 中性色

    どうもありがとう。今更になって思ったが、恋愛の神様というわけではないんだな。この設定でラブコメとして発展させるならもっと積極的にさせて三角関係みたいな形式にしちゃうのが話的にもイチャイチャ的にも面白そうだけど、どうなんだろうか。というか、最後の変態設定いるのだろうか。あきらかに某作品に引っ張られてたりしてないのか。個人的には千歳が好み 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    初恋の相手に告白しようとすると謎の現象に巻き込まれる少年の元に、彼に惚れたラブコメの神様が現れ始まる恋物語。―――恋する、その想いに人と神の区別なし。まるで自重するという事を習い忘れてきたかの如き、一瞬でも止まれば置いて行かれるかの如く突き進む怒涛のテンポ。その中でどこか常識はずれな者達が恋というものに真っ直ぐに向き合い突き進むこの物語。大雑把で細かな味はまだないが、掘り進めていけば深みが出そうな物語である為、その秘めた可能性に期待したい物語である。この恋の行方とは。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/12/25
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784040653792

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK