幼女戦記 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

幼女戦記 1

戦争の最前線にいるは幼い少女。
著者: カルロ・ゼン (著者) / 篠月しのぶ (画)
シリーズ:幼女戦記

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

戦争の最前線にいるは幼い少女。

関連情報

秋の「新文芸」読み放題キャンペーン

みんなからのレビュー

  • 岡本

    コミックス既読。読もう読もうと思っていたが、何故か遠慮していたシリーズ。漫画版よりも細かい描写によってイメージがより固まっていく。付録の地図が完全に欧州で笑ってしまう。史実と違ってカリスマ指導者は居ない帝国だが、史実にどこまで忠実になるのか。シリーズ全巻揃えるとなかなか本棚を圧迫するが少しづつ揃えていきたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 鱒子

    図書館本 魔導を駆使して最前線を飛び回る帝国軍人 ターニャ デグレチャフ。その姿はフェアリーというコードネームにふさわしい、可憐な11歳の少女。しかし中身は、神の怒りに触れたおじさんサラリーマンであった。——アニメに魅了され、とうとう原作に手を出してしまいました。近年流行の異世界転生ライトノベルですが、本書は全然ライトじゃありません。「安全な後方勤務」を目指して、がんばれターニャ!(笑 続きを読む…

    ネタバレあり
  • HANA

    もはや大戦末期どころか敗残兵みたいになっている架空戦記であるが、希に逆転を狙った秘密兵器めいた作品が登場するので油断が出来ない。一読して佐藤大作と平野耕太の影響下にあるのがわかるので、彼らの独特の口調を思えば馴染みづらい文体も何のその。であるが、ネット上で読んだ身としてはあの独特の皮肉に満ちた一人称が完全に消え失せている上、回りとのギャップというこの作品のもう一つの魅力が消え失せているのがなんとも残念。特に士官学校の所はそのまま加筆して欲しかった。書籍化にあたって全面的に手を入れているのにちょっと残念。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • hisa_NAO

    小説投稿サイト「Arcadia」での連載を改稿して出版(wiki)の、所謂なろう系か。異世界転生で俺TUEEEE系。と、慣れない単語を並べてみたw 3巻まで読んでるのだが、書籍版現在9巻まで発行済。又読むかなー、と1巻再読。 第一次・第二次世界大戦時のヨーロッパで、魔法が戦争に使われている的世界観。戦略・作戦・戦術・戦闘満載のミリタリーで、社会論・組織論。饒舌な主人公。これだけで十分面白い。 と思うのだが、何故幼女?何故転生の必要が? なろう系設定にする必要性が疑問だが、そういう世の中ですからねー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なっぱaaua(nakkipapa改め)

    たまたま夜起きてたときにアニメの第一話を見て、それから録画で追いかけていますが、なかなか面白いです。タイトルで腰引けてたのですが、原作も読み始めてしまいました。ある意味サラリーマンのおっさんの話だし、結構ミリタリーものだし。描写もまわりくどい部分があるものの、結構楽しめます。今後どう展開するのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル