アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アジャンスマン:あるいは文化系サークルのラブコメ化を回避する冴えたやりかた

いまどきオタクの美少女たちを創作活動でみちびけ!?
著者: 御手座 祀杜 (著者) / Gilse (イラスト)
シリーズ:アジャンスマン(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

山繭旁は高校の休学期間を経て再び古巣である《現代コンテンツ表現調査部会》の扉をあけた。だがそこは、美少女たちが楽しくアニメやゲームのオタトークを繰り広げるぬるーくてがーるずな部活空間と化していて!?

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    〈センス〉と呼ばれる能力。曖昧な描かれ方のままだが、強くなるとどうやら先輩がやる様な人の精神を操れる代物らしい。そんなんで創作をやって何が嬉しいのかと言う気がするが、そう言うこともあって旁はイシス以外のメンバーには〈センス〉について秘匿し続けるのだろうか。そして旁の〈センス〉。創造の〈センス〉の持ち主に対し技量的アドバイスを超え精神的肉体的なエンチャントを行い天下を取らせる物らしい。相手が女子の場合、落としに行っている様なものだが、今の所アキナとメルカ、ベクトルの方向が食い違ってる処が可笑しみを誘う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    世間から大絶賛される様々なジャンルの作品を生み出した天才クリエイター達が在籍していた部活・PR会。彼らを補助するアドバイザーとして在籍していた旁は、休学が明けて部室の扉を久しぶりに開ける。だがそこは、コスプレにラノベにイラストに声優等、オタク文化にどっぷり浸かった少女達の巣窟になっていて…。自分が不在の間に入部していた少女達の作品を磨き上げていく旁と、そんな彼に惹かれ始める少女達のラブコメが魅力。今回はアキナのネット小説のランキング戦がメインでしたが、他の少女達の作品が旁の手で今後どう化けるのか楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    とある理由で休学し、二度目の三年生となった少年が、かつての古巣に集う才能の原石を持つ少女達を導くことになる物語。―――光る未知に触れる時、あの日の夢が目を覚ます。 心に傷を負い、夢も見失って。そんな少年が、かつての古巣で今まさに歩き出した夢達に出会い、再び夢を見始めるこの物語。全体的に詰め込まれた印象を受けるが、夢というものへの憧憬、そして誰にとっても懐かしいかもしれぬあの日の熱が大量に詰め込まれており、心の奥底に眠る、懐かしい気持ちを思い出すかもしれぬ、熱くて面白い物語である。 勿論次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    主人公が同世代としか思えない。クリエイター系学園青春物語。ラブコメだけではない熱さを感じさせる。主人公の過去も徐々に物語に絡むだろうけど、部のメンバーとの関係性の変化も楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    試し読み感想。休学期間を経て古巣である現代コンテンツ表現調査部会に復帰した山繭旁を待っていたのは美少女たちのぬるーくてがーるずな部活空間。ネオオタク女子と古典的オタク男子の遭遇的なオタク系青春グラフティー。全般的にお前何歳だよ!?とつっこみたくなる主人公だった。女性陣が感銘を受けたという主人公の作品がありがちな内容にしか思えない。試し読みは山繭旁が改編する能力の片鱗を見せて物語の方向性が見えてきたところで終わったが、彼が休学した理由が気になりますね。「ロボポン 乳」でググったのが自分だけでないと信じたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル