真夜中の人形使い はなればなれになる夜に
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

真夜中の人形使い はなればなれになる夜に

大人気フリーゲームの前日譚! 新たに紡がれた物語が小説化!
著者: 高橋慶 (著者) / くじょう (イラスト) / ますかるぽーね (原作)
シリーズ:真夜中の人形使い

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

〈モノ〉に命を宿すことができる〈人形使い〉の異能力を受け継いだ少女・美紀。
ひょんなことからその能力を開眼してしまった彼女だったが、
両親や祖母、そして幼馴染みの〈はじめ〉の協力のもと、
能力の存在を隠しながらも、変わらぬ日常を過ごしていた。
あの日、ひとつの事件が起こるまではーー。

語られなかった熊のぬいぐるみ〈ミスターマスパー〉の真実。
謎の組織〈真理の眼〉の秘密。
〈美紀〉と〈蒼太〉が過ごした日々の記憶。
そして〈真夜〉と〈マスパー〉の出会い。

ゲームへと繋がる新たな物語がここに。
謎解き探索アドベンチャーゲーム『真夜中の人形使い』のオリジナルノベライズが登場!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • シオリ

    昨日図書館に行った時に新刊のところにあり表紙のイラストが好みで借りてきました。なんなの!!!死んじゃうキャラ多くない!? 表紙と裏表紙で浮いてる少女同じ子だと思っていたけど違うのね神蔵誠司と坂東ももがすきかな〜フリーゲームだったらしいのでプレイしてみたいと思う 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 桜城誠

    ゲーム既プレイ。ゲームの主人公、真夜のお母さんである美紀を中心とした物語。美紀は何者なのか、人形使いとはなんなのか、真理の眼の目的は…?などなど。これを読んでゲームをプレイし直すと面白いかも。マスパーはやっぱりお前か。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 風嵐むげん

    表紙が可愛くてキレイなのでジャケ買いしましたが、フリゲのノベライズ作品なんですね。しかし言われなければわからないくらいにしっかりした小説でした。 人形使いという能力を持ってしまった一人の少女の翻弄された人生。そして彼女に関わり、良くも悪くも人生を捻じ曲げられた人たち。何かが解決するわけでも、成長するわけでもない。静かで悲しい物語でした。 あー、でもはじめちゃんが一番悲しいというか、健気でもうだめだなんも言えない…… 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/03/29
  • 定価
    1100円(本体1000円+税)
  • ISBN
    9784047308992

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK