虚白ノ夢
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

虚白ノ夢

私は、この世に存在してはいけない人間なの
著者: 諸口正巳 (著) / 野崎つばた (イラスト) / カナヲ (原作)
シリーズ:虚白ノ夢

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ニコニコ自作ゲームフェス5にて4冠達成! 関連動画再生数300万回突破!
緻密なストーリーと驚愕の展開で人気を博したホラーフリーゲームを完全ノベライズ――!!
自らの存在意義を否定して身投げした少女、碓氷深白。
そんな彼女が目を覚ますと、そこは天国でも地獄でもない、『鏡の世界』と呼ばれる仄暗い空間だった。
記憶をなくした彼女はその世界で出会ったユズやリョウタロウと共に、理不尽な世界の捜索を始める。
全ては、ミシロが抱きながら死んだはずの<望み>を叶える為に。
「――この世界で鏡を探しなさい。そして、それを割るの」

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ゆう

    ゲームは未プレイです。が、あとがきで作者さんが言っていたように探索メインであろうゲームを上手く表現されているなぁと思いました。どんどんミヒロの過去や登場人物との相関図が浮き彫りになっていくのが読んでいて楽しかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 橘花 花屍

    読み始めた時からずっと「透明」なものを感じていました。物語はちょっと深いかな?という感じです。でも読んでいるとある程度予想がついてしまいます。だけどそれが良いと思いました。予想したうえで読んでいくと「やっぱりそうなのか」と思うけれどそれが心にきました。一気読みできちゃうくらいにすいすいと読めます。予想出来てても真実を知りたくて止まらなくなります。読んで良かったなぁと思える本でした 続きを読む…

    ネタバレあり
  • りりっち@併読2冊チャレンジ中!

    挿絵が神。トゥルーエンド以外のエンディング要素もある。深白以外のキャラのエピソードもあるのでおすすめ。緑の間の仕掛けが変更されているから既プレイの人は「?」となるかと思うが既プレイの人もそうではない人も楽しめるかと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • りりっち★小説進まねぇ…!

    感想は旧りりっちに。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あいり

    ストーリーがすごく作り込まれていて、引き込まれた。与えられた命を精一杯生きようと思わせてくれる作品。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/03/28
  • 定価
    1210円(本体1100円+税)
  • ISBN
    9784047340473

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK