何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?

ぼっち×美少女 不器用だけど愛おしい! 可愛すぎる二人の悶絶必死の甘々学園ラブコメ!
著者: 出井 愛 (著者) 西沢5ミリ (イラスト)
シリーズ:何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

この小説はラノベ好きをこじらせた“ぼっち”の安藤くんと“学校一の美少女”の朝倉さんが交流する物語である。
ザ・委員長ちゃんや爆乳元気っ娘、安藤くんの妹ちゃんが登場することもあるけれど、99パーセント(編集部調べ)安藤くんと朝倉さんがイチャイチャしている(クラスメート視点)だけの悶絶必死の甘々ラブコメなのだ。
そんな甘酸っぱい日々がずっと続く――と彼らも思っていた……けれど?
「私、安藤くんが大好きなの!」
突如として飛び出した朝倉さんの告白が、彼らの関係をちょっと進めたり、やっぱり進まなかったり……?
Webで悶死報告多数! すれ違いが絡まり合う新世代の学園ラブコメディ、待望の書籍化!
【電子特典!書き下ろし短編付き】

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    地の文を止めてセリフだけにしてしまったのは、この作品については成功じゃないか。お陰で容姿端麗・学業優秀だけど少しポンコツなヒロインの心の動きが直に伝わってくる。ちょっかい掛けてくる委員長や妹等との掛け合いもリズムがあって良い。惜しいのは主人公がラノベ以外でヒロインに好かれる要素が見えない所。最後、衆人環視の中でヒロインへの鈍感さをさらけ出してしまっているのは、相手に普通に引かれないかと思ってしまった。ヒロインが「あばたもエクボ」の状態なので保っているんでは… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    ラノベ好きな安藤くんと是非仲良くなってラノベ談義がしたい隠れラノベオタクの美少女・朝倉さんと、最近何故かぼっちの自分にグイグイ話しかけてくる朝倉さんに戸惑いながらも、周囲に妙な誤解をされると彼女が可哀想だろうと基本スルー姿勢の安藤くんのすれ違いを描いた学園系ラブコメ。最初はラノベトークに花を咲かせたいだけだった朝倉さんと、最初は陰キャラである事を引け目に感じていた安藤くんが互いに惹かれあっていく様子と、互いの想いがアンジャッシュ的にすれ違っていくのが見所でした。地の文が一切ないという異色な構成に驚きました 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    休み時間に始まる学校一の美少女とオタク少年。そんな二人が主役の隣席なのにすれ違い気味な甘々ラブコメここに開幕。あるようで無かった全編台詞オンリーなラブコメ。見ているこっちが恥ずかしくなるくらいに、全国のオタク少年達の夢と希望と妄想が詰まったこの作品。その焦ったさと甘さたるや中々のものだった。全編台詞だけなので読み易い…なんて事は全く無かったが、思春期の少年少女の甘酸っぱいすれ違いラブコメを楽しみたいなら読んで損は無い作品だと思う。主人公とヒロイン二人ともラノベが好きっていうのもポイント高い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    ラノベ好きをこじらせたぼっちの安藤くんと、隠れラノベ好きな学校一の美少女・朝倉さんが交流する学園ラブコメディ。密かにラノベを読んでいる安藤くんが気になっていた朝倉さんと、そんな彼女を遠い存在と思っていた安藤くん。ラノベ好き同士交流したいのに空回りしまくりな朝倉さんが可愛くて、自分の勘違いだと距離を置こうとする安藤くんがなかなかの難敵でしたが、委員長の協力もあって朝倉さんだいぶ頑張ったのに結果があれですか(苦笑)さすがに気づいたクラスの人たちとともに、もどかしい二人の今後を生温かく見守ることになりそうです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★☆☆☆素材はいいのに調理方法で盛大にやらかしている感じ。会話文オンリーの物語というカクヨムからの意欲作。ただこれが非常に読みにくい。地の文を削った代わりに、()書きの心理描写で情景描写をしているので、かえってテンポが悪く、会話劇を素直に楽しめない。また、キャラの作り込みも商業レベルに達しているとはお世辞にも言えず、スカスカの文章がさらに追い討ちをかけていた。題材とイラストは良かっただけに残念。エピソード単位で見るとニマニマできていいんだが、まとまっていると粗が目立つ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/11/24
  • 定価
    600円+税
  • ISBN
    9784040652979

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル