ここは、冒険者の酒場
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ここは、冒険者の酒場

駆け出し剣士がドラゴンと遭遇――この危機、君ならどう切り抜ける!?
著者: 藤浪智之 (著者) / 中島鯛 (イラスト)
シリーズ:ここは、冒険者の酒場

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

戦士に魔法使い、盗賊に僧侶、そして妖精まで。あらゆる幻想世界の住人が集う、冒険者の酒場。今宵も彼らは自身の体験を謎かけにした“冒険問答”を交す。いったいどんな“冒険譚”を聞けるだろうか…。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ルシュエス

    困難にあった冒険者が自分の職種を活用しどう切り抜けたかをクイズにする冒険譚。古参アカヒゲがTRPG色を強く匂わせているのが「あー、うんうん」と頷ける部分があり楽しめるのですが、シルヴィアが…キャラのスタンスってのもあるんでしょうが話の腰を頻繁に折るので全体的に読みにくい印象でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • yraurb

    まごうかたなき「ファンタジーRPGクイズ」。舞台が五竜亭じゃなくて登場人物名が違って挿絵がわきあかつぐみさんじゃないのに違和感を覚えるほど。出題も回答(が一つじゃないの)も相変わらず面白くてこのままシナリオにしたいネタが多数。web上連載だったそうだが、人気連載だったのも頷ける。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぷるっちょ

    古強者アカヒゲのTRPG、あるある話。というより『クラッシックD&D』ネタが懐かしかった。「大抵の冒険者は、赤い箱と青い箱で終わる」とか「魔法の効果をめぐって、神と口先勝負」とか「昔の冒険では、金貨を手に入れたらそのぶん強くなるという慣例もあった」とか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 銀城

    懐かしの五竜亭テイストの作品、電書版の注釈部分にタッチすると詳細解説に飛べる機能は目新しかったが、逆に物語のテンポを阻害し本作世界への没入を妨げる感じもあって良し悪しかなと。解説やキャラ設定もTRPGやコンピュータゲームの世界観をごった煮にした仕上がりで、良く言えば今風、悪く言えばとっちらかり過ぎで人によって評価は分かれるだろうなと思う。キャラの立て方にちょっと疑問が残ったので☆3よりの4点 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Johnny-T

    誰かの出したその冒険にまつわる問題に、傭兵、騎士、盗賊、様々なスタイルで生きる冒険者たちがそれぞれのスタイルの回答を返す正解のないクイズ集。彼らの曲がらぬ生き方を見よ。 ……あと、乙女騎士殿マジ乙女騎士。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/08
  • 定価
    1980円(本体1800円+税)
  • ISBN
    9784040706276

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK