辺境の老騎士 3 バルド・ロ-エンと王国の太子
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

辺境の老騎士 3 バルド・ロ-エンと王国の太子

老騎士の過去と待ち受ける未来
著者: 支援BIS (著者) / 笹井 一個 (イラスト)
シリーズ:辺境の老騎士

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

老騎士の過去と待ち受ける未来

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 南北

    前半は女騎士ドリアテッサが出場する辺境競武会の話。いくつもの部門に分かれて試合が行われます。競武会の最後は歌部門というのも面白い展開で、バルドが意外な活躍を見せることになります。また思いがけずジュールラント王子とシェルネリア姫の間を取り持つことになったりします。後半は何やら不穏な空気が出てくる中、バルドも気ままな旅を続けてはいられなくなります。王都ではこれまでの野趣あふれる料理ではなく、上品な料理が出てきますが、その料理を作るカムラーにバルドが料理を通して翻弄される場面は楽しく読めました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 瀧ながれ

    カバーを見て、「え?歌うんだ?」とびっくりしていたら、その歌のシーンで泣かされました。すごいなバルドおじさん、予測不可能な活躍だ。いろんな場所で、たくさんの人と縁を結び、ときどき恨みを買い、いくつかの約束を心に刻んで進むバルドの旅。今回印象に残ったのは、バルドとしずかな戦いを繰り広げる天才料理人。あと、ジュールラント太子の、「くそっ。ずるいぞ、じい!」がかわいかったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 瀧ながれ

    再読、新刊を読むため。激しい競武会の描写の後の伸びやかな歌の場面が、やっぱり感動的。両陣営の隔てない男声大合唱は、音声で聴けないのがほんと残念です、思い浮かべる以上に迫力あるんだろうなあ。料理人とのやりとりも印象に残った(けど、それ前にも書いた)。ジュルチャガとカーズ、シャンテリオン、忘れちゃいけないユエイタンらの活躍も、要所要所でキラキラ輝いてました。カーズのプロフィールには、いろんな角度から驚いたな。まあ、カッコいいのは間違いないので、良いのです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぐっち

    わーい、3巻出た♪♪今回は辺境競武会、そして成長したジュールとの再会。ジュールとシェルネリア姫、ドリアテッサとシャンテリオン、ティグの事情にカーズの過去、そして極め付けは「お三方のうち、どなたなのかしら。」ハラハラきゅんきゅんのエピソードがてんこ盛りなのに、一番の感想は、「カムラーの料理食べてみたい!」。冒険と恋と食い気、もっともっともっと売れてほしいこのシリーズ、次の巻も楽しみにしてます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    老いた騎士の旅は、国の命運さえ左右する壮大な運命に繋がる。辺境競武会。ジュールランの今。ゴドン・ザルカスの冒険。カーズの過去。魔剣の成り立ち。(食の)宿敵カムラーとの出会い。そして、新たな戦い。歌のシーンは非常にグッと来た。料理は相変わらず美味しそう。物語も非常に壮大なものになっており、世界観も広がった感じ。次巻が非常に楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/06
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784047304710

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK