詰みかけ転生領主の改革 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

詰みかけ転生領主の改革 4

前世の記憶を駆使して改革を進めるソラは、ベルツェ侯爵からの呼び出しに応じ王都へと赴く。一方、チャフは己を見つめ直し、フェリクスとの再戦へと挑むのだった…。転生少年の領地改革ファンタジー第4弾。
著者: 氷純 (著者) / DOMO (イラスト)
シリーズ:詰みかけ転生領主の改革(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

子爵領成立から一年。ソラはベルツェ侯爵から王都へ呼び出され難題を課せられる。一方、チャフは王都で“活火山”の異名を持つシドルバー伯爵と再会。活火山はチャフを孫と呼び、鍛え上げようとするのだが!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    ほとんどチャフの成長だった。活火山の爺さんがなかなか強烈だが世の中をよくわかってらっしゃる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • eucalmelon

    シドルバー伯爵、気持ちのいい活火山だ。親戚にいてほしいかと言われると微妙。鍛えられるチャフはいい男になるだろうなぁ。 竜骨ポンプの歯車を特産品の圧縮木材で賄うとは計算高い。まあ、思いつくなら自分もきっとそうするだろう。思いつかんだろうけど…。 暗躍する官吏の切れ者に教主。あと銀の娘。ソラの頭痛の種は尽きるマジ。廉価な布に対抗するため織機をつくるって、そんなに簡単に機械はできんよねぇと思ってしますが、職人の腕がいいんだろうか? 水撃ポンプ?知らない。後で調べてみよう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みい

    WEB版既読。私的に次の巻か、その次の巻のあのシーンが楽しみなんです。 今巻は、リュリュががんばったよね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • teorai(ショウ)

    上の下で。一度読んだ内容ですが、しっかり手直しされていてとても面白かったです。書籍版の「これから先は復興ではない。発展だッ!」には感動した。今回はリュリュの話が多く、サニア視点とは違った観点もあって何度も読み返したくなります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 公路郎

    成長をみんながすると、集人工の豊富な知識量にも安心感が出てくる。 三歩進んで二歩下がる と言う展開は面白いのだが、じれる。続きが読みたくなる。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/11
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040671826

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK