勇者イサギの魔王譚 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

勇者イサギの魔王譚 2

魔王候補四人VS不死身の冒険者――最初の決戦が、幕を開ける。
著者: みかみてれん (著者) / 荒川眞生 (イラスト)
シリーズ:勇者イサギの魔王譚

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔王候補四人VS不死身の冒険者――最初の決戦が、幕を開ける。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 珈琲好き

    リヴァイブストーンが非人間的みたいな空気出してたけど死ぬよりはましだよな。/イサギの過去編で召喚初期に痛めつけられてるの見てるので、慶喜がビビるのも無理はないと感じられてヘイトが溜まらなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • alleine05

    今回の副題が示すとおりの展開になっちゃったなあ。ただ、厳しい見方をすれば、そんないうほど交流があったっけ、という気も。一巻で多少のやりとりはあったもののそれほど深いものではない印象だったし、今回はプレハとの出会いの回想が大部分を占めていて現在の仲間たちとの交流の場面はそれほどなかったし。もうちょっと仲間との交流を掘り下げてからこういう展開を持ってきた方が良かったのではという気も。まあこういう境遇であれば普通に生きているよりも何倍も濃密に相手を身近に感じるだろうというのはわかるけどね。(コメント欄に続く) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • t-snow

    この物語の軸はプレハであり、過去エピソードでグッと締まったなあと感じる第2巻でした。リヴァイブストーンの残酷さえげつなさが鮮烈。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まお

    プレハとの出会いの話、これをここに持ってきたのか! イサギの根源と言っても過言ではないエピソードが、まるで重石のようにがつんと胸に落ちて来た。改稿によって深みと広がりを増した物語。あちこちに散りばめられた伏線。web版よりもリミノとヨシノブが好きになった。ドナドナされなくてよかったねライラさん。四者それぞれの兄弟刀をもって道は分かたれた。3巻をじっと待つ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆう

    怒濤の展開を見せた第2巻。イラストレーターさんのあとがきにある通り、攻めてきた勇者&魔術師ペアが軽くトラウマものでした。名前といい、関係性といい…。恐るべきは回復術です。ここまで人の命の重さがのし掛かり、絶望が色濃く感じられるなろう作品も珍しいのではないでしょうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/12
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784047299368

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK