異修羅 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

異修羅 1

全員が最強、全員が英雄、一人だけが勇者。本物を決める闘争が今、始まる。
著者: 珪素 (著者) / クレタ (イラスト)
シリーズ:異修羅

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔王が殺された後の世界。
そこには魔王さえも殺しうる修羅達が残った。
一目で相手の殺し方を見出す異世界の剣豪、音すら置き去りにする神速の槍兵、
伝説の武器を三本の腕で同時に扱う鳥竜の冒険者、一言で全てを実現する全能の詞術士、
不可知でありながら即死を司る天使の暗殺者……
ありとあらゆる種族、能力の頂点を極めた修羅達はさらなる強敵を、“本物の勇者”という栄光を求め、新たな闘争の火種を生み出す。
全員が最強、全員が英雄、一人だけが勇者。“本物”を決める激闘が今、幕を開ける――。

みんなのデータ

  • 11
    評価する
  • 22
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    魔王が死んだ後の世界。魔王さえも殺しうるありとあらゆる種族、能力の頂点を極めた修羅達がさらなる強敵を、本物の勇者という栄光を求め、新たな闘争の火種を生み出すファンタジー。異世界の剣豪、神速の槍兵、鳥竜の冒険者、一言で全てを実現する全能の詞術士、不可知でありながら即死を司る天使の暗殺者など、修羅たちの背景が綴られて、黄都と新公国を巡る争いの中で彼らが激突して、本物の勇者を決めるという意味でも熱い戦いを繰り広げてゆく先に何が待っているのか、一巻自体が壮大なプロローグといった感じで続巻の展開に期待したいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たか厨

    『このライトノベルがすごい! 2020』で、宇野朴人先生が、オススメのラノベとして挙げていたので、取り寄せ。異世界を舞台に、様々な種族が入り乱れ、己の異能をぶつけ合い、死闘を繰り広げる! 山田風太郎先生の忍法帖シリーズみたいなノリを期待していたのだが、どうも私は作品世界に入り込めず、面白いと感じられなかった。理由は「文章が微妙に読みにくい」「数多くのキャラクターが登場するも、今一つキャラが立っておらず、感情移入出来ないから、その命を賭けた戦いの描写にも、のめり込めない」かな。次巻以降は、遠慮しておきます 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 緋莢

    「このライトノベルがすごい!2020」で、『七つの魔剣が支配する』の著者・宇野朴人がおススメしていたので、手に取りました。“魔王”が殺された後の世界。そこに、様々な力を持つ“修羅”が現れ、最強の“勇者”を目指します。一目で相手の殺し方を見極める剣士・柳の剣のソウジロウ、三本の前肢で多種多様な伝説の武器を用いる鳥竜(ワイバーン)・星馳せアルス、「もしもあたしが『死ね』って言えば…そんな奴ら、みんな死んじゃうんだから!」天才の域すら超えた魔才の持ち主・世界詞のキア。ここで書いたのは、ほんの一部(続く 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    TwitterのTLで気になったので購入。登場してくる全員が最強で英雄の素質を持っているがその中からたった一人だけ勇者を決める為の物語。各登場人物の話が半分くらいまでありその後から一気に話が進んでいくんだけどもコレでまだ予選と言う凄まじさ。ただし登場人物が初っ端から多いので場面の移り変わりが結構多く読みにくさを感じたりもしたな。この修羅達が強敵たちと戦い誰が勇者となるのか、裏で蠢く陰謀も気になるとこだし続きが楽しみだわ。この巻ではソウジロウが好きなキャラやな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    魔王が殺された後の世界。魔王さえも殺しうるありとあらゆる種族、能力の頂点を極めた修羅たちによる「本物の勇者」を決めるための壮大なバトルファンタジー。その幕開けとなる本巻は登場人物の紹介とともに世界の現状を説明しながらただ最強であることだけでは生き抜けない権謀術数渦巻く世界を示している。興味深かったのは修羅以外の視点があちこちに散りばめられている点。彼らの異常性を理解するのには必要なところだろう。それにしても前半は本編が始まる前からお腹いっぱいになる情報量の多さ。このバトルはどうなるやら。次巻が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • マイナーな作品もあるけど1つくらいは当たりがあるはず!?
    手しが作成したまとめマイナーな作品もあるけど1つくらいは当たりがあるはず!?で紹介されています。
    2
  • 自分的2020年ベストタイトル
    かんくんが作成したまとめ自分的2020年ベストタイトルで紹介されています。
    2

関連情報

『このライトノベルがすごい!2021』(宝島社刊)特集

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/09/17
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784049125641

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK