英国幻想蒸気譚 レヴェナント・フォークロア 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

英国幻想蒸気譚 レヴェナント・フォークロア 1

蒸気と機関の都で、虚実が彩る都市伝説――これは鋼鉄と鮮血の幻想譚。
著者: 白雨蒼 (著) / 紫亜 (イラスト)
シリーズ:英国幻想蒸気譚

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

高度に発達した蒸気機関が世界を席巻した第二次産業革命、通称『蒸気機関革命』により飛躍的な文明発展が遂げられた19世紀末。大英帝国首都、ロンドンで請負屋を営む極東人・封神幎(ツカガミ・トバリ)と錬金術師・ヴィンセントの二人の下に舞い込むのは、いつだって厄介ごとばかり。
混沌に彩られしロンドンに渦巻く都市伝説を追う二人の前に次々と現れる『鋼鉄の怪物《レヴェナント》』の正体とは。
これは、虚実が織り成す鋼鉄と蒸気の幻想譚。

関連情報

秋の「新文芸」読み放題キャンペーン

みんなからのレビュー

  • 虚と紅羽

    スチームパンクは初めてのジャンルな気がする。世界観は元から好きだったけど、なかなかに難解で頭が痛い………‪w‪w文体がかなり特徴的だけれど、こういう感じの文体は見慣れている所為もあってか難なく読了。 シャーロック・ホームズとか、レヴェナントの名前が幻獣系とか、錬金術師の名前がパラケルススだったりで分かる人には分かる部分があって楽しい。 レヴェナントの支配領域とか、そう言った所が分かりづらかったのは残念。 次巻の発売も決定しているので今から楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★☆ 時は19世紀末。高度に発達した蒸気機関が世界を席巻した第二次産業革命・蒸気機関革命により飛躍的な文明発展が遂げられたロンドンで、請負屋を営む極東人・封神幎と錬金術師・ヴィンセントの二人の元に舞い込むのはいつだって厄介事ばかり。そんな日常を過ごす彼らはある噂を耳にする。曰く、深い霧が立ち込める夜、出歩いていた人がいなくなる。いなくなった誰かは別の日の霧の夜に街をさまよっている。だがそれはもう別の人。その人であってその人ではない。心を失った彷徨う存在。魂を失った彷徨う存在。霧の夜に攫われて、霧→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スプリント

    スチームパンクの世界観は好きです。文章が独特なのでなれるまでちょっと違和感がありましたが世界観と妙にマッチしています。漫画の原作かなにかですかね? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • alleine05

    微妙。読み始めはいい感じに思えたのだけど読み終わってみれば期待したほどじゃなかった。蒸気機関やどこかで聞き覚えのある名前がぽんぽん出てくる世界観はいかにもスチームパンクっぽくて良かったのだけど、遭遇する敵はいかにもやられ役のモブっぽいのが約3/4ほども続くわ、主人公にどんな背景があるのかと思えば単に日本の特殊な暗殺者家系の出ですってだけで「それだけ?」って感じだわ、主要登場人物同士の絡みが薄く掘り下げもほとんどなくてドラマが感じられないわ、いろいろもの足りなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • がれ

    水で薄めたスープを飲んだような味がした。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/07/17
  • 定価
    1300円+税
  • ISBN
    9784049123906

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル