地味で目立たない私は、今日で終わりにします。 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

地味で目立たない私は、今日で終わりにします。 4

元・悪役令嬢が”聖女”を癒やす!? 癒しの宿経営、堂々完結!!
著者: 大森 蜜柑 (著者) / れいた (イラスト)
シリーズ:地味で目立たない私は、今日で終わりにします。(カドカワBOOKS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

悪役令嬢として追放され、下町で宿屋兼食堂『妖精の宿木亭』の女将を始めた公爵令嬢ラナ。
「女神の力」で皆を癒やしながら過ごしていたところ、ついにチャンス到来!
自分が追放されるきっかけとなった聖女サンドラへ近づく機会ができた。
サンドラに取り憑いている闇の妖精を浄化するために、ラナは侍女として神殿へ潜入することに。
しかし、神殿ではサンドラが行方不明になっており……!?
ラナは名誉挽回して華麗に返り咲けるのか、それとも――!?

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • pincle

    最終巻。主人公の名誉は回復されあの人とくっつく。王様は諦めが悪い。サンドラについては自分の力のせいで消えるのは怖いという主人公の気持ちは分かるが一瞬同情しようとなったのは理解できない。ずっとメイクをしてもイラストの顔が変わらないと文句を言っていたけど気付く人は気付いていたというオチ。王子兄弟は鈍いのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 由貴

    浄化後のサンドラは同情の余地があるけど、浄化前のサンドラには同情できなかったからエレインの気持ちについていけなかった。虐められていた点を除けば両親は愛し合っていてサンドラ自身も愛されていた訳だし、実母亡き後に虐げられていたとはいえそもそもがサンドラが実母を殺したのが原因だしなぁ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かぜのあけち

    シンを焚き付けたのはあの3人ですね(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぽちたろー

    ☆☆☆☆ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/06/10
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784047361409

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK