バフ持ち転生貴族の辺境領地開発記
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

バフ持ち転生貴族の辺境領地開発記

転生貴族が奇跡を起こす! いざ辺境の地を大都会へ!!
著者: すずの木くろ (著者) / 伍長 (イラスト)
シリーズ:バフ持ち転生貴族の辺境領地開発記(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

幼い頃『神童』と呼ばれた中堅貴族の三男であるフィン・ライサンダーは、五歳の時に負った怪我がもとでその才を失い、加えて貴族には必ず備わる特殊能力『祝福』も発現せず、十八歳までずっと“無能”の烙印を押されていた。
両親の事故死を期に、フィンは辺境領地の運営を任されるが、そこでまたも彼は大怪我を負う――だが、それがフィンの奇跡の始まりとなる。
彼は、己がかつて日本で生きた転生者であることを思い出す。その上、彼には“他者の祝福を最高レベルまでアップさせる”という、反則級の祝福まで発現するのだった!
かくして覚醒したフィンは、今まで自分を見捨てずにいてくれた従姉妹たちへ恩を返すため、己の治める辺境領地をどこにも負けない大都会に改革していくことを決意する。
バフ持ち領主が繰り広げる領地改革ファンタジー、ここに開幕!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    作者の名前で購入。 前世では鉄道会社勤務の人が同僚の日程の認識ミスで轢かれて死亡。前世の記憶を持ったまま転生して神童と呼ばれるほど将来を有望視されていたが。 ある事故によって記憶喪失になってしまい、前世も忘れてタダの人になってしまう。 そして、両親が事故によって突然他界し兄弟親戚とで支え合わないといけない状況で、兄から戦力外通告の上、田舎へ島流されてしまうが、そこで腐って逃げ出したら穴に落ちて頭を強打。瀕死の状態になるが、前世の記憶も戻って逆転の狼煙となるって感じだった。 続いて欲しいな。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菊地

    「無能」時のもどかしさが早めに解消されて読み易くなった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kei-o

    面白くなりそうだけど肝心の祝福が後付け祭りになりそうな設定… 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2019/12/25
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040657509

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK