八男って、それはないでしょう! 13
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

八男って、それはないでしょう! 13

草木も凍る嫉妬の炎! 先を越された熟練の魔法使いの猛威
著者: Y.A (著者) / 藤ちょこ (イラスト)
シリーズ:八男って、それはないでしょう!(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

トンネル騒動が落ち着き、ヴェルと妻となったカチヤとの結婚式がオイレンベルク領で挙げられた。ところが、結婚式はマロイモや特産品を使った料理が並び、物産展の様相を呈していた。
一方、新婚旅行に至っては、魔の森で狩りをしているだけにしか映らないものの、つつながく行事として消化されていった。
だが、予期せぬ地雷が眠っていた。
不運が重なって連絡が届かず、式の存在すら知らなかったカチヤの師、リサがお冠なのだ。式がどうこうではなく、ただ先を越されたのが腹立たしいのだという。
そんなリサから近々会いに行くという手紙を受け取ったカチヤは、不安な夜を過ごすはめになるのだった……。
テレーゼに魔法の才能!? それがなぜかリサとの決闘に発展! 大幅加筆と書き下ろし短編で送るドタバタの第十三弾!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • しまふくろう

    続けて購入。 物語はカチヤの師匠が殴り込みにくる話。この話でもカテリーナの時もそうなんだけれど、普通の貴族が同じことをしてもさっさと返り討ちにするのに、美人がやると何やかや理屈をつけて相手をしなきゃいけないと言い出す展開の不自然さが気になって仕方がない。いっそ主人公が美女だから捕獲しようと言い出せば良いのに。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    トンネル利権も解決し、カチヤとの新婚旅行はいつものメンバーと魔の森でレインボージュエルの採取で疲労困憊。何時もの土木魔法の毎日かと思ったら、カチヤの師匠が結婚のお祝いに来たが、彼女の魔力量が上がっている事に気付かれトラブルとなるが、テレーゼが横槍を入れて自身に注目を浴びせて決闘になり魔力量の事は有耶無耶になるかと思ったが、、そうは問屋が下さなかった。決闘はテレーゼは破れ、何故かヴェルが対戦してブリザードよりも上の絶対零度を展開して相手を破ったら、服まで破いてしまい責任を取る事になってしまったw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ハーレクイン@転スラ2期2部始動!!(≧▽≦)

    面白かった!今回はいつもよりも戦闘シーン多めだった。ただ、女子の恨み辛みって怖い…とも思える1冊だった。りすと、後半戦のリサ可愛かったな~。にしてもヴェルの秘密直ぐにバレそうw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ここまでが再読。初読時の感想を見るとこの辺りで止まっていた理由がよく分かる。しかし……ここから先は未知の領域! 次巻はエルヴィンの結婚式のようなので、残務処理は終了だと信じたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • もう話をどこへもっていこうとしているのかが分からなくなってきている。ただひたすらに嫁が増殖するだけの話になっていて、どうやって物語を終わらせるのかビジョンのないままダラダラしている印象。そろそろテコ入れ求む。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/04/25
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040698687

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK