八男って、それはないでしょう! 10
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

八男って、それはないでしょう! 10

いい加減、帰らせろ!! 師匠を超え、このくだらない戦に終止符を打つ!
著者: Y.A (著者) / 藤ちょこ (イラスト)
シリーズ:八男って、それはないでしょう!(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

師であるアルフレッドとの戦いで、引き分けに持ち込むことが精一杯だったヴェルは、その脅威を実感し対策を急ぐ。一方、テレーゼとニュルンベルク公爵による最初の決戦の行方は、双方共に決定打を与えることができず、痛み分けとなった。
来る帝都での戦に向け、両陣営仕切りなおしの合間、ヴェルたちはかつての重要拠点サーカットの町を落とし、そこを拠点とする。しかし、なぜか人様の国で開発三昧の日々を過ごすはめになるのだった。
そして迎えるアルフレッドとの再戦。ヴェルはアルフレッドの身体がターラントであることを利用した戦略で有利に進めるが、当然一筋縄ではいかず……。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    帝都へ侵攻して複数会戦をしてる合間にアルフレッドの霊?に勝つために修行しまくる3人。その結果、アルフレッドを撃破して帝都に迫ったら。ニュルンベルク軍は自領に撤退していった。クーデターを起こされた皇帝を残して。そのせいで、皇帝が権力を復活させたらテレーゼの軍を解散して皇帝の主導でクーデター軍の討伐が準備され、その裏でダークホースが出てくる。現皇帝の三男が、ヴェルに接触して来て討伐軍は敗退するから指揮権を獲る手伝いをして欲しいと、、敗退の報を受けて一気に指揮権を奪取して帝都に迫って来たクーデター軍を撃退する。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しまふくろう

    続けて購入。絵は素晴らしい。 物語は帝国編の決着の話。今まで影も形も伏線も無かった魔族という新種族をいきなり出すクレイジーな展開に噴き出した。 相変わらずグダグダな展開を続けてみせ、キャラクターの「帝国はもう飽きた」という台詞に共感させる技が面白い。クライマックスでもまったく盛り上がらない本文と、素晴らしい技術を惜しみなく使って情緒たっぷりに盛り上げる挿絵の落差も面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • cycle

    帝国の反乱が概ね終了。次は戦後処理かな。魔族が今後どう絡むのか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 帝国編は大体終了かな。次の巻でテレーゼのこと含めて色々事後処理して、次のエピソードに入る感じか。覚えてないけど。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • eucalmelon

    テレーゼがフィリップ公爵でなくなる。所謂、偉いということは責任と面倒くささがもれなく付いてくる。望まない人にとっては、なりたくないもの。なることでいろんな面で成長はするが。テレーゼも自分で辞めたわけではないからさっぱりしたことだろう。 大砲のロマン。この大砲、この後、どうするんだろう?まあ、ヴィルマ以外打てそうな気がしないが。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/02/25
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784040690872

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK