加賀100万石に仕えることになった
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

加賀100万石に仕えることになった

生まれかわったら戦国時代! オレが前田利家の参謀に――!?
著者: シムCM (著者) / 上田夢人 (イラスト)
シリーズ:加賀100万石に仕えることになった(カドカワBOOKS)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

転生して気がつけば戦国時代。寺で坊主をしていた俺は、ひょんな縁で前田利家に仕えることに。俺勝ち組と思いきや、殿(利家)は脳筋、領土は問題だらけ、大殿(信長)からは無理難題! 仕事は検地から甲賀攻略!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • どどいち

    戦国時代へのタイムスリップ…。面白い作品でした。また、裏方の仕事・存在感、価値の有り難みも感じた。凄く読み易く読了。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Koning

    なろう系歴史改変的転生小説なのだけれど、歴史オタでこれから起きる事件を前もって〜ではなく、分相応に生きるしかないのかーと諦めかけてたら前田利家に拾われることになってあれー?こいつら脳筋ばっかでどんぶり勘定じゃねーか!から帳簿つけましょうよ?あら、やれるの俺だけ?から始まる素敵なデスマーチ(笑)。若いのに、頭髪が不自由だったり、ブイブイ言わせそうなのに周りはヤクザよろしく武闘派な連中ばかり。ええ、妙にバランスが良くて面白かったやつです。感想欄で突っ込まれて色々手直ししたのを踏まえた形での完成系って感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • すがやん

    戦国に転生。脳筋達に囲まれて、兵站や経理でお仕事デスマーチ。裏方チートで腕っぷしはさっぱりなので、本人の戦闘はなし。地味なようで面白い。本人と周囲の人達との認識の差を軽いノリで楽しみ、武将たちの闘いには胸熱に。流れも良くて楽しめた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しまふくろう

    なんとなく買い。絵は良い。 物語は気付いたら戦国時代に生まれていた主人公が、前田家に仕える話。いつまでも現代感覚の抜けない主人公と戦国のギャップが面白い。難題をこなすと更なる無茶振りがくる様も面白かった。 続きが楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • tomo58

    好きな武将竹中半兵衛も少し出てくる転生歴史物ということで、興味を惹かれ読んだ本。くせがあるけど、内政物として、なかなか面白かった。サラリーマンで事務屋だった主人公・三直(みのう)豊年が、転生後、前田利家に仕えることになった。まだ母衣衆として信長に付き従う利家に領地経営を任される。脳筋の上司と、武力を持ち独立色の強い土豪達の間に挟まれながら、年貢管理と経済政策にはげむデスマーチ。ほぼ戦闘無しで前田家の成り上がりを支援する様が新鮮。後半、越前の戦いで半兵衛と組んで撤退戦を行う場面には満足。気軽に読める娯楽作。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/10/07
  • 定価
    1320円(本体1200円+税)
  • ISBN
    9784041036105

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK