精霊幻想記 17
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

精霊幻想記 17

哀れな民に救済を。愚か者に聖女の福音を。
著者: 北山結莉 (著) / Riv (イラスト)
シリーズ:精霊幻想記(HJ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

哀れな民に救済を。愚か者に聖女の福音を。

その日、シュトラール地方の辺境でひとつの国が滅んだ。
民衆を革命へと導いたのは、聖女エリカを名乗る黒髪の女性。
新生国家の初代元首となった彼女は、休む間もなく列強諸国へと自ら足を運ぶ――すべては、己の悲願を達成するために。

「貴様、ただの道化ではないな。もっと質が悪い魔女の類いか」
「私はただ弱者が存在しない世界を作り上げたいだけです」

一方、リオは復讐を終えた報告をすべく、ヤグモ地方への帰郷を決めるが、その途中で思いもよらぬ人々と再会することに……!?

みんなからのレビュー

  • よっち

    復讐を終えた報告をすべくヤグモ地方への帰郷を決めたリオ。一方、シュトラール地方の辺境で民衆を革命へと導いた聖女エリカが、己の悲願を達成するために休む間もなく列強諸国へと自ら足を運ぶ第十七弾。近衛騎士や侍女たちとの剣を交えての講義でファンを増やすリオは相変わらずでしたけど、里帰りについていくヒロインたちの心境は実家にご挨拶に行くようなもんですよね(苦笑)意外な再会もありましたけど、それにしてもリーゼロッテも面倒なのに目をつけられちゃいましたね…とりあえず聖女様がヤバいですね。リオの奪還劇に期待ということで。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    さて今巻、精霊の里にて思わぬ再開などもあったリオは墓前への報告も兼ねてヤグモ地方へ帰郷するが、その頃リーゼロッテの元へある人物が面会に訪れ…というお話です。前半はほのぼのとしていた展開だなと思っていただけに、聖女エリカが登場してからは一気に話がきな臭くなったという印象の巻でした。プロローグを読む限りどう見てもまともな人物ではなさそうですが、そんな勇者の力を持ったエリカからリオとアリアはリーゼロッテを奪還する事が出来るのか、またエリカはどう動くのか、次巻の展開が気になりつつも楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 柏バカ一代

    新しい展開のプロローグ的な巻だった。 最後の方で盛り上がったけど、、、聖女が無敵な人にしか見えない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    リオは復讐を終え報告をすべくヤクモ地方へと帰郷しようとするが、その道中で思いがけない人物達と出会う。一方その頃、民衆を革命へと導いた聖女エリカが列強諸国へと歩みを進める巻。坂田がもう勇者ではなくて作家になりそうで笑いそうだったわ。というか沙月以外の勇者の面々がろくでもない奴ばかりだな。特に今回登場したエリカは群を抜いてる感じがするわ。誘拐されたリーゼロッテをリオは無事に奪還することが出来るのか次巻も期待しよう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たけ

    10数巻以来の故郷ヤグモ地方へ!その道中で懐かしい面々との再会!もう懐かしすぎて名前が出てきてもどれがどいつかわからんし、回想で過去振り返られてもわからん!笑。そして、6人目の勇者さん登場。今回の勇者は今までの勇者たちとはだいぶ雰囲気が違う様子。圧倒的強者感。なんだかこの勇者が負けるイメージが湧かないのだが、大丈夫かリオさん!ハーレム構成員増やしてる場合じゃないよ! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/09/01
  • 定価
    638円+税
  • ISBN
    9784798622606

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル