お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 3

甘く焦れったい恋の物語、第三弾
佐伯さん (著者) / はねこと (イラストレーター)
シリーズ:「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」シリーズ(GA文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

「皆さん周くんと仲良くしてるのに、私だけのけ者みたいです」
二年に進級し、同じクラスになった真昼と周。徐々に学校でも距離を近づけようとする真昼とは裏腹に、周は“天使様”への遠慮からなかなか踏み込めずにいる。
千歳らの気さくな振る舞いをきっかけに、クラスメイトたちとの間の壁も少しずつなくなりつつある真昼の姿を眺めながら、周は治りかけの古傷をそっと思い返していた……。
WEBにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語、第三弾。

みんなのデータ

  • 208
    評価する
  • 108
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    いかん、ニヤニヤが止まらない。前の巻で親友にバレて、その親友の仲介で学校でも徐々に親密になっていく。そしてゴールデンウィークでイケメンな親友にもバレる。そして、ゴールデンウィーク明け、、、真昼ちゃんの爆弾発言が炸裂して終わり。周くん!幸せにしてあげなよ!してもらいなよ!この巻も砂糖を数リットル吐いた気がするww 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    Web版既読。煮え切らない周に対し、真昼は『小悪魔』モードの攻めの姿勢にクラスチェンジという第3巻。両片思いの焦れったい展開ですが、人間関係にトラウマを抱える周も少しずつ変わってきている感じですね。そろそろ覚悟を決めて欲しいところ。次巻で関係が変わることを大いに期待してます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 桜庭かなめ

    いつのまにか周が真昼を好きだと自覚したのか。真昼も積極的になってきたことから前巻までに比べるとラブコメっぽさが増したような気がする。小悪魔まひるん。家とは違って学校では距離があり、しかも樹や千歳とは普通に話せるのを見ると、のけ者のように感じてしまうか。ただ、少しずつ学校でも関わるようになり、ゴールデンウィークの間にさらに距離が縮んだ印象。周は中学時代のトラウマがあるようだけど、帰省をしたときなどに深く触れられることがあるのだろうか。そして、ラストの爆弾。これを機に周と真昼の関係が公然となるのだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    二年に進級し同じクラスになった真昼と周。周は遠慮からなかなか踏み込めない一方で、真昼は徐々に学校でも距離を近づけようとする第三弾。家や二人きりだとすっかり甘々な雰囲気なのに、教室では千歳との絡みも増えて変わりつつある真昼に遠慮して相変わらずどこか近寄れない周。いろいろ気苦労が多そうな王子様・門脇は意外といいやつでしたけど、料理教室を開いてみたり周と二人でお出かけしたり、真昼の頑張ろうとする想いも垣間見えるだけに、過去の出来事を乗り越えていつかその想いに応えてあげてほしいところですね。続巻も期待しています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わゆ

    じれ甘系ラブコメ第3巻。今回はヒロインの“小悪魔”攻めが強く、意識的な攻めの他に無意識的な攻めも折り混じっていて、主人公(と読み手)の感情をこれでもかと揺さぶってくる内容。新たなクラス、新たな友人、その中で変化し、進んでいく“天使様”との関係、それを取り巻く周囲と、見所は盛り沢山。主人公の過去の掘下げも多少あり、“甘やかされ”から“甘え”への変化、更に今巻は身体的な接触がより強めに描かれ、距離感は更に密接に。読み手の頭が蕩けまくる。今後の展開に向けたフラグ仕込みもあって、続きが楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 甘々癒しのラブコメ【激推しラノベまとめ賞】
    treasureが作成したまとめ甘々癒しのラブコメ【激推しラノベまとめ賞】で紹介されています。
    3
  • 激推し3選
    sumomoが作成したまとめ激推し3選で紹介されています。
    4
  • 楽しくて続きが読みたくなる作品
    とおる1968が作成したまとめ楽しくて続きが読みたくなる作品で紹介されています。
    3

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/09/12
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784815607418

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK