終焉ノ花嫁 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

終焉ノ花嫁 1

拘束を、隷属を、信頼を、貴方に――約束しよう、貴方のために全てを殺すと。
著者: 綾里けいし (著者) / 村カルキ (イラスト)
シリーズ:終焉ノ花嫁(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

突如発現した脅威【キヘイ】が世界を蹂躙して幾年。人類は対抗手段として魔導学園・黄昏院を発足し、日夜戦闘が繰り返されていた。
運命の日、魔導研究科所属のカグロ・コウは【キヘイ】の死骸回収のため、とある遺跡に出向き、不運にもその命を散らした……はずだった。【キヘイ】の少女に救われるまでは--。
「初めまして、愛しき人よ--我が名は『白姫』。これより先、私は永遠に貴方と共にあります」
物語の中の騎士のように、御伽噺の中の姫のように、目覚めた少女は告げる。それが終わらない地獄の始まりになろうとも知らず--。
『異世界拷問姫』綾里けいしが贈る、希望と絶望が織りなす、感動のダークファンタジー!
【電子限定!書き下ろし特典つき】

パートナーのコメント

  • ディアナ

    ディアナ
    古代遺跡から突如出現して人類を殺戮し始めた機械生命体【キヘイ】。それに対抗する魔導学園の学徒兵たち。その一人である主人公が、キヘイの少女「白姫」とともにキヘイと戦う、っていうお話ッス!

    敵のはずのキヘイがパートナーってのがよくわからないって? 実はキヘイの一部には人間の主を必要とする個体がいるんスよ。んで、主人公は「白姫」と名乗るキヘイの主になるわけッス。主従契約を結ぶキヘイは契約を「結婚」、契約者を「花婿」と見る妙なところがあるんスけど、細かい話はいいとして、この白姫ちゃん。見た目がちょ~可憐な美少女なんス! そんな子がいきなり奥さんとして授業中だろうが寮だろうが、いつでも一緒にいてくれるなんて、主人公はラッキーっスよね~。伴侶が蛇って人もいるっスからね!

    学園にはキヘイを伴侶とする学生だけで構成された特別クラス【百鬼夜行】があって、主人公もそのメンバーに。一癖も二癖もある百鬼夜行のメンバーたちがそれぞれ姿形も能力も異なるキヘイと連携し、戦場を縦横無尽に駆けるバトルシーンは見ものッスよ!
  • つむぎ

    つむぎ
    物語の主人公コウ君が住む世界は、無目的に人類を殺戮する【キヘイ】に蹂躙され、民間人の6割が死亡するという危機的な状況にありました。そんな中、キヘイに対抗する組織として運営される魔導学園の学生コウ君は、キヘイ「白姫」と主従契約を結びます。キヘイには人間と友好関係を結べるタイプもいるんですよ。

    キヘイと契約を結んだ学生だけで構成されたクラス【百鬼夜行】の人々は、自分のキヘイを「生涯の伴侶」として愛する変わり者ばかり。そのメンバーに抜擢されたコウ君も、出会った当初は白姫に戸惑っていましたが、笑ったり、怒ったり、普通の人間の女の子と変わらない表情を見せる彼女に次第に愛情が芽生えて……そんな二人の関係がとっても尊いんです。

    でも、幸せな時間は続きません。学園に迫るキヘイの軍勢を前に、一騎当千の百鬼夜行のメンバーも全滅はまぬがれない状態に......。でも誰一人怯むことなく、過酷な最前線に身を投じる姿に涙がこぼれました。伴侶と殉じる彼らの覚悟、散りゆく命の儚さ、絶望の中でも失われない純情! 人間とキヘイの恋物語、見届けてください!

みんなからのレビュー

  • 禍腐渦狂紳士タッキー(ウロボロス)

    【拘束を、隷属を、信頼を、貴方にーーー約束しよう、コウ。貴方のために全てを殺すと(白姫)】希望と絶望が織りなすダークファンタジー。命を散らしたコウを救ったのは人類にとっての脅威〝キヘイ〟の少女。彼女との出会い、婚姻が終わらない地獄の始まりとなるーーー。敵である〝キヘイ〟と人がコウと白姫のように契約という〝結婚〟をし、花婿と花嫁となり彼らの間に揺るぎない呪いのような絆を結ぶのが面白かった。学園もので、仲間達との平穏な日常があり、生と死が隣り合う緊迫した場面もある。コウと白姫の愛の深さに感動させられました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • げんごろう

    学園ダークファンタジー作品。 凄惨で残酷な中でも何処か美しさを感じさせる独特の雰囲気に惹き込まれました。 伏線を回収する終盤の加速度も素晴らしく、なにより二人の愛の誓い、その想いの強さにはただただ驚嘆です。仲間達との友情も温かく、程良いシリアス感を楽しめました! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 虚と紅羽

    一つの巻に詰め込む内容じゃねぇ。濃密濃厚なのに駆け足感が消えない、せめてもう一巻出してまとめてほしかった。綾里さんらしさを全開に詰め込んだら一巻で語り切るには鈍器並のページ数いるからさ!それでも全く損なってないのはすごいけど!犠牲になってる部分はともかく!!それと、このパターンだとこれから先に更なる悪夢が次から次へと待っているって、ぼく知ってる。 【千年黒姫】は途中予想ついたけど、まさかの○○○○○とは。でもってあそこもああでって。よくまとめたられたなこれ。 結論『全てを運命のアナタに贈る』。全員これ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    まるで散文詩のような体言止めの説明と情景描写を通した鮮やかな心理描写。ラノベ界でも特徴的な文体として、この作者はまず挙げられる一人だろう。 さて内容は人類の敵と戦いからループものまで、10年代のバトルアニメ要素を幅広く突っ込んだ感じで、少々詰め込みすぎかなと感じた。 文体のおかげで主役ヒロイン共にすり切れた感じはあったのだが、展開が唐突でキャラの説明も伏線を張りつつもやけに突然明かされる感じがあって良くない。 最初からたくさん出したためキャラの絡みも花嫁以外薄いし。個人的には合わない一冊だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    【キヘイ】という脅威と人類が戦う世界で、【キヘイ】と【結婚】して戦う少年少女たちの話。物語に馴染むための序盤、違和感とグロの中盤、結末とさらなる絶望への終盤。安定の綾里けいし。カグラと黒姫の正体は伏線もあって予想がついてはいたものの、コウと白姫の地獄が壮絶。綾里作品にしてはあっさりめだけど、これ昨今の出版事情がなかったらもっと地獄だったんじゃ…と想像してしまう。2巻の刊行が決定しているのでこの先どうなってしまうのか楽しみです。ヤグルマとヒカミとミレイがいいキャラしてて好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/07/20
  • 定価
    640円+税
  • ISBN
    9784040648002

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル