宮本サクラが可愛いだけの小説。 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

宮本サクラが可愛いだけの小説。 4

とにかく可愛い幼なじみと織りなすイチャかわラブコメ、第四弾!
著者: 鈴木大輔 (著者) / rurudo (イラスト)
シリーズ:宮本サクラが可愛いだけの小説。

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

宮本サクラはやっぱり可愛い。なぜって、
理由1 世界の危機にも動じずにいて可愛い
理由2 自分のツンデレをハッキリ自覚して可愛い
理由3 前世の恥ずかしいやらかしに身悶えして可愛い
理由4 意味不明な状況にも全力でツッコミを入れて可愛い
理由5 なおかつ胸も大きい
可愛さが溢れて止まらないとはこのことです。
巨人が暴れてメチャクチャになったり、唐突に別世界でピクニックをしてみたり、みんなの正体が明かされたりと、世界の本質に限りなく近づいていくんだけど――やっぱりこれは『宮本サクラが可愛いだけの小説』なんです、はい。

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子書籍】巨人が世界を蹂躙するなか、ヒカルが遂にオーディンとしての権能を覚醒し、次々と現れる巨人たちを駆逐。世界の救世主となった。一方、ロキとしての自覚を持ったサクラはオーディンとロキの関係性について思いを巡らすが、やがて辿り着いたロキの本質は何と…。世界に滅亡の危機が迫るクライマックス回。最終戦争の発端に笑ってしまった。神代の時代からサクラは可愛いということですね。登場人物がみな北欧の神とか…。1巻からは想像できない展開になりましたが、とても面白い恋物語でした。次の作品を楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    巨人が世界に溢れ出し世界が蹂躙され、各々の前世が判明する中、サクラの前世、ロキの真実が発覚する今巻。―――決着をつけよう、神世から続くこの関係に。 遂に第二次最終決戦の幕が上がり、神としての力と記憶を取り戻したヒカル達が戦場に踊る。そんな中、ロキの本心が判明し全てが終わる巻であり、前世の黒歴史に悶えたり、何だかんだでヒカルとの同棲を楽しむサクラが可愛い、最後まで可愛さ溢れる巻である。世界は変わる、その先は分からない。だけどきっと、神でも人でも、ヒカルとサクラの関係は変わらない筈だから。 うん、面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなた@ラノベ感想&紹介便

    世界の危機と救済だったり北欧の神・女神の生まれ変わり全員集合だったり、最終的には世界観スケールが滅茶苦茶大きくなりましたが、最後までこのラブコメの本質『宮本サクラが可愛い』を貫いていて、とても楽しく読み進められました。ロキとオーディンお幸せに! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • じゃんく

    かわいい~~~(語彙消失) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • dull

    一気読み。天地がひっくり返りでもしないと素直(?)になれない系ヒロインでも天地がひっくり返れば素直になるよねを地で行くスタイル。超展開風だが、ここまでを考えると違和感こそない。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/07/20
  • 定価
    620円+税
  • ISBN
    9784040647241

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル