百錬の覇王と聖約の戦乙女 21
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

百錬の覇王と聖約の戦乙女 21

著者: 鷹山誠一 (著) / ゆきさん (イラスト)
シリーズ:百錬の覇王と聖約の戦乙女(HJ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

激戦を繰り広げるグラズヘイム攻防戦も佳境に突入! 無二の家臣ランを失い怒りに燃える《炎》の信長から、勇斗が勝利を呼ぶために選んだ秘策とは!?意外な人物も覚醒の時を迎えて--戦いの結末が近づく異世界覇道戦記21巻!!

みんなからのレビュー

  • よっち

    激戦を繰り広げるグラズヘイム攻防戦も佳境に突入。無二の家臣ランを失い怒りに燃える《炎》の信長の猛攻から、勇斗が勝利を呼ぶために秘策を繰り出す第二十一弾。持てる力の組み合わせて激戦の中で駆け引きを繰り広げる勇斗と信長の知恵比べ。お互いギリギリの激闘だからこそ、単騎で強者を次々と葬ってその力を取り込み、戦況を一変させてしまうホムラの異質っぷりが際立ってましたね…。最後らしい華々しくて厳しい、何ともほろ苦いそれぞれの戦いでしたけど、次巻で完結のようなのでこの物語の行く末をどのように描くのか、楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S.T.

    決着。そしてフヴェズルング大金星。本人としては不服だったのかもしれないが、紛れもない大金星。ホムラを殺しただけでは戦争は終わらないからな。ずーっと「有能ではあるがあと一歩及ばない男」の最期がこれなら、裏切りの武将としては最上の結末じゃないのかね。ユウトの現代知識を双紋のエインヘリアルが食い破り、しかしユウトの文字通り肉を切らせて骨を断つ策が炸裂、配下の将達が死力を尽くした泥沼の壮絶な最終決戦だった。とにかく、今にも死にそうなジークルーネが心配過ぎる。何とか生き延びてくれ。読了してから表紙を見ると感慨深い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ラノベ大好き

    ホムラつええ...容赦ねえ...。これ勝つの無理ゲーでは?死んだと思ったキャラが生きてたと思ったらまた死んでた。クライマックスに近付いてきたな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Abercrombie

    最後は主人公が信長を鮮やかに破るのを期待していたんけどね。まさかここまで苦しむとはなあ。まあ、納得のできる結末ではあった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • bluets8

    ここに来てここまでの惨敗は予想外。試合に負けて勝負に勝ったと言えば聞こえはいいが、実質は窮鼠猫を嚙むくらいの印象だもの。ラスボスに信長を据えた時点で、ある程度信長のパブリックイメージに配慮せざる得なくなったところはあるんだろうな。それでも、信長を上回って勝つ“主人公”勇斗が見たかったというのが本音。まあ、信長側の勝利も娘・ホムラの個の能力によるところが大半なので、将と将の戦いとしては痛み分けといったところではあるが。完全決着が次で、エピローグでもう一巻くらいかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/08/01
  • 定価
    619円+税
  • ISBN
    9784798622286

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル