“文学少女“と死にたがりの道化(改定版)
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

“文学少女“と死にたがりの道化(改定版)

「どうかあたしの恋を叶えてください!」それは単なる恋文の代筆のはずだったが……
著者: 野村美月 (著者) / 竹岡美穂 (イラストレーター) / 竹岡美穂 (イラスト)
シリーズ:文学少女

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって…。新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ!

パートナーのコメント

  • つむぎ

    つむぎ
    「物語を食べる」ことができる文学部部長・天野遠子と、主人公・井上心葉が繰り広げる大人気ミステリー小説です!

    ヒロインの遠子先輩は、食べちゃうくらい物語を深く激しく愛する女の子で、読めば読むほど物語を ”味” で表現する遠子先輩は言動全てが魅力的。次はどんな表現をするんだろうと、どんどん遠子先輩に引き込まれていきますよ。

    中学生でデビューをしたベストセラー作家なのに、今はある事情でトラウマを抱え書いていない心葉くん。ひょんな事から、本が大好きな遠子先輩に出会い「物語を食べる」という秘密を知ってしまいます。遠子先輩のそんな特殊能力(?)もさることながら、天真爛漫さに心葉くんは振り回されていき、お話は進んでいきます。遠子先輩は事件に首を突っ込みがちなんですよねぇ。頑張れ心葉くん!

    ライトノベルの読者投票で1位に輝いたこともある名作なんですよ。
    「”文学少女”」読んでみてくださいね。
  • 綾乃

    綾乃
    物語をむしゃむしゃと美味しそうに食べる文芸部の部長、遠子先輩はなんと本に書かれた物語を”味”で感じることのできる、まさに「”文学少女”」!

    食べた物語を”味”で例える時の先輩が、すご~く幸せそうでひたすら可愛いいんだけれど、それもそのはず! 先輩は普通の食べ物を食べても味はせず、物語だけ味がするらしの。だから文芸部員の後輩心葉くんは、そんな先輩に毎日おやつがわりに三題噺を書いてあげるんだ~。

    最初のそんなコミカルなやりとりから、事件が勃発! 文芸部にきた恋愛相談で、心葉くんが書くことになったラブレター。そのラブレターの相手は、学園にいないかもしれない先輩で...? 何回かのやり取りの後、届いたのは太宰治の『人間失格』を引用をしたお手紙。このお話は『人間失格』をなぞりながら進んでいくんだけど、遠子先輩と心葉くんとの自然な会話でポンポンお話が続いていって、読んでいてとっても心地が良かったよ。

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2006/04/28
  • 定価
    670円+税
  • ISBN
    9784047362802

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル