日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神 6

この男の降り立つ戦場に、 勝利あり!! 敵の本拠地、新大陸へいざ進軍!
著者: 相野仁 (著者) / 桑島黎音 (イラスト)
シリーズ:日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神(角川スニーカー文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

『闇の手』の参謀・紫眼導師を討った八神輝は、ついにその本拠地を中央大陸に捕捉した。皇帝は敵を欺くため、バルを冒険者として送りこむ。暗躍、策謀、そして無双――地上最強の男が、帝国に安寧をもたらす!!

みんなからのレビュー

  • まっさん

    ★★ なんやかんやと買い続けているシリーズ6作目。今巻も全体を通してほとんど日常話だったり説明描写などで占められているために、今作のテーマである俺TUEEEE要素は少なめ。それでも続きを読みたくなるのはバルトロメウスの八神輝バレを見てみたいのと個人的にかなり好みのイラストが気になるから。ただ、好みのヴィルへミーナがほとんど出番が与えられていない巻は個人的に少し魅力に欠けてしまう。作中で冒険者がバルトロメウスの強さを疑う場面があったけど、一巻であれだけの数の魔物を瞬殺したのにそれを知らないの…?とツッ→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    サクサクと読了。「闇の手」の参謀を討ったバル達は遂に本拠地を補足した。帝国は早急に《八神輝》の派遣を決め探索に乗り出そうとするのだが...な巻。色々と後手後手に回っていた帝国だったけど攻め出すと速攻でカタがつくなwゲレールターも小細工してたけど皇帝の方が一枚上手やったな。冒険者パートの方がやっぱり個人的に面白く感じるよな。念の為にと捕獲したアイスドラゴンはもう完全にペット枠で笑ってもうたw魔界の勢力はお次はどんな手段で攻めてきてバル達がどうサックリと撃退するのか楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    「闇の手」の本拠地が中央大陸にあることが判明し帝国が動き出す中、バルが陽動として一冒険者として潜入する今巻。―――仇なす魔共よ覚悟せよ、奴等こそが最強の刺客達なり。 本拠地も判明しもはや後顧の憂いなし、ならばあっさり終わらせましょうと言わんばかりにバルを含む最強戦力達が次々と出撃し、一気に悪の芽を刈り取っていく今巻。それぞれの最強の形が眩しく熱い巻であり、無双に次ぐ無双が退屈させてくれない巻である。一つの魔を片付けた先、待っているのはどんな敵か。次の戦いの行方とは。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くろ

    あれ、敵組織完全消滅した? いやぁ、無双ものってこれでいいの? 作者の構成力がマズすぎるのかなぁ。基本的にキャラは良く出来ている(例外アリ)と思うんだけど。本当は頭がいいはずのキャラが、作者の敷いたレールに乗るために真面目におバカな会話を繰り広げる様は滑稽を通り越して哀れ。あと、思ったこと全部口に出すのと、口に出さなかったことを全部地の文で解説するのほとんど同じだからな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • キリトン

    前巻と同じ程度には面白かったが、物語としての限界が見えてきた感じ。この作者の作品好きなんだけど話の広げ方がなー最後まで続くとは思えないんですよね、現に他シリーズは止まってるわけですし、頑張って欲しいものですねぇ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル