凄くモテる後輩が絡んでくるが、俺は絶対絆されない! 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

凄くモテる後輩が絡んでくるが、俺は絶対絆されない! 2

かわいい後輩の強アピールに主人公が陥落?

天音二菜に、ボーナスタイム到来!?
大型連休、体育祭と盛り上がるイベントが目白押しの季節に!

塩対応な一雪に、更に迫って迫ってオトしちゃう??
著者: yuki (著者) / B-銀河 (イラストレーター)
シリーズ:「凄くモテる後輩が絡んでくるが、俺は絶対絆されない!」シリーズ(GA文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「先輩、そろそろ信用してくださいよ私の愛を受け取って下さいよー!」
天音二菜が大好きな先輩こと藤代一雪を振り向かせようと、相も変わらずガンガン迫りまくった結果――。

「天音、行きたい場所あるか?」
塩対応オンリーだった一雪にも変化が。天音にチャンス到来なのか!?

「というわけで! はい先輩! 私たちも手を繋ぎましょう?」
天音は、一雪との手繋ぎデートにお出かけ! 更には一緒に料理、頭ナデナデなど二人の距離は急接近?

そしてトドメとばかりのビックイベント【二菜ちゃんのお誕生日】が発生! 一雪は意外なプレゼントを用意して……。

グイグイ迫る後輩と塩対応な先輩の純愛物語、第二弾!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなからのレビュー

  • よっち

    先輩の母親にも認められて、相も変わらずガンガン迫りまくる二菜。塩対応オンリーだった一雪と二人で初めてのお出かけをする第二弾。映画館デート、お料理教室やお散歩デートなど、着実に二人でイベントをこなしながら、もはや入り浸り状態でぐいぐい攻めるのに、先輩の相変わらずの塩対応に「もーっ! なんでですかー!!」が響き渡るお約束展開がだんだんクセになりそうです…。ここまで関係を積み重ねて、傍から見るとえ?付き合ってないの?状態でも一雪が頑なに認めないのって、二菜がベタぼれな理由が分からないからなんでしょうね…たぶん。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    相も変わらず二菜が一雪に塩対応を取られて叫ぶ中、一雪の心境に確かな変化が表れ始める今巻。―――君がいる事が何より当たり前、それは気付かず刻んだ足跡。手つなぎデートで映画館に行ったり、二菜の応援で体育祭で限界を超えて頑張れたり。お前等本当に何で付き合っていないのと言いたくなる甘々とドタバタが繰り広げられる中、一雪が少しずつ二菜に歩み寄る、恋が確かに進み始め世界が音を立てて歩き出す巻である。不穏を齎すであろう男も迫る中、来るべき季節で二人の関係性はどんな変化を見せるのだろうか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ グイグイ迫ってくるけど尽くし系女子な天音ちゃんと、そんな彼女に一貫して塩対応を続ける一雪の今日も「もーっ! なんでですかー!!」が木霊するラブコメ。とはいいつつも、一雪も情にほだされだしたのか色々と優しさを見せ始めた。合鍵渡して、もはや全校羞恥ならぬ周知された仲でもあるのに往生際悪すぎ!ちょこちょこ挟まれる小ネタも楽しい。今回も序盤のMCUネタや脱衣麻雀、テト○スのゲームネタがツボだった。ちなみに自分は国債マン3は復讐者たち2.5だと思ってます。キモいイケメン君の閑話は必要だったのだろうか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 桜庭かなめ

    連休から6月にかけて。前の巻よりも一雪が二菜に対して多少優しくなり、自分の家の合鍵を渡したという大きな出来事はあれど、基本的な内容は変わらず。気軽に楽しめる物語だと思う。あと、閑話で他のキャラ目線の話が入り、特に一雪に敵視を向けている征面くんが今後深く関わるのかどうか。あとは、誤字脱字があったり、字下げのなされていない部分があった。ラストの二菜目線の話で2連発で「センチ」を「ンチセ」と間違えていたのでやけに印象に残った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    二菜の奇行にも慣れてきたのか、読んでて一巻ほど違和感を抱かなくなった。一雪が無意識下で受け入れ始めているのも大きいかな。まあぶっちゃけ美少女にグイグイと来られて好き好き連呼されたら意識しないとか不可能だし。外堀からどんどん埋めていく二菜は策士。合鍵イベントはもう言い訳できないでしょ。でもまだ最初かつ最強のイベント、二菜が一雪を好きになった理由が残っているので、そこで頑なな一雪がどうなるのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/07/15
  • 定価
    640円+税
  • ISBN
    9784815607395

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル