マッド・バレット・アンダーグラウンド 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

マッド・バレット・アンダーグラウンド 4

不条理な物語を終わらせる、一片の穢れなき理想のために――。堂々の完結。
著者: 野宮 有 (著者) / マシマ サキ (イラスト)
シリーズ:マッド・バレット・アンダーグラウンド(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 シエナを狙うハイルの策略により、犯罪街イレッダは地獄と化した。
 そして、数多の銀使いとギャングから命を狙われることになったラルフとリザ。
 しかし、幾度の困難を乗り越えてきた二人はもう迷わない。
 少女娼婦シエナが囚われている、〈イレッダの深淵〉へ――。
「リザ、さっさとこの茶番劇を終わらせるぞ。反吐が出る」
「珍しく同意見。じゃあ、あいつら殺そうか」
 全ては一片の穢れなき理想のために、最後の戦いの幕が開く。
 最狂クライムアクション、堂々完結。

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    ハイルの策略によりイレッダが地獄と化す中、シエナを取り戻す為にラルフとリザが最後の戦いに挑む最終巻。―――穢れなき理想で掴む一抹の救い、その救いの中に希望を探せ。 魔女の真実、悪魔の真実。全ての謎へと光を当て伏線が回収される中で地獄すらも生温い無法地帯と化した街で暴れ回る今巻。彼女こそが希望、その希望を救う為に全てを投げ打って限界を超えて戦う、血生臭さと鉄臭さ、そして臓腑を焼くような熱さがこれでもかと攻めてくる、正に地獄で最高な最終巻である。何も変わらぬとしても、希望を信じて。 うん、とても面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 椎名

    完結。友情も愛情もなかったが、共に地獄を歩むことができた相棒との関係性がまた良かった。束の間の幸福を求めた彼ら彼女らのエンディングとしてはこれ以上ないだろう。ラルフとシエナの、言葉にはせずともお互いの気持ちをその瞬間に焼き付けていくような会話にはぐっときた。このラストシーンをみてからの表紙も一段と良い。次回作にも期待したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/06/10
  • 定価
    690円+税
  • ISBN
    9784049132076

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル