クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です 2

先輩、私の「彼氏」になってくれませんか? カレカノ青春ラブコメ第2弾!
著者: 七星 蛍 (著者) / 万冬 しま (イラスト)
シリーズ:クラスで一番の彼女、実はボッチの俺の彼女です(角川スニーカー文庫)

みんなのデータ

  • 17
  • 14

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

 選択ボッチの誠司とクラス一のハイスペック美少女琴音は、皆に隠れた恋人同士。付き合い出してから初めてのGWは琴音にモデルの仕事が入ってしまい、文芸部の後輩・姫島かぐやと一緒にカフェのバイトをすることに。人懐こくてラノベ好きのかぐやは、バイトにテスト勉強にと一気に距離を縮めてくる。
 ある時かぐやが友達に「彼氏がいる」と嘘を吐いていることを知り、さらに「先輩に彼氏になってもらいたいんです」とお願いされてしまい……。一方琴音は「そういう優しいところが誇らしいんだよ」と甘やかしてきて――。
 付き合ってるからこそ、離れている距離がもどかしい。
 カレカノ青春ラブコメ第2弾!

みんなからのレビュー

  • よっち

    隠れた恋人同士の琴音の窮地を救った誠司。付き合い出して初のGWは琴音にモデル仕事が入ってしまい、文芸部の後輩・姫島かぐやと一緒にカフェのバイトをする第二弾。周囲には依然として二人の関係を隠したままゆえに、バイトにテスト勉強にと一気に距離を縮めてくる人懐こくてラノベ好きのかぐや。そんな彼女の見栄から思わぬ急展開になりましたけど、そこは密かに心穏やかでいられなかった彼女の琴音が肝心なところは譲らなかったですね(苦笑)関係性こそ変わったかもしれないですけど、かぐやも自分の新たな居場所を見つけられて良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★ 今巻も相変わらず滅茶苦茶良かった今作。一巻の時以上に青春物としての色味を強めつつも、しっかりラブコメ要素を交えてくる辺りは上手いなと思う。相変わらず俺ガイルを思わせる話の進め方や今巻でスポットを当てられているかぐやの可愛さなど色んな要素を楽しむことが出来るて満足出来た。ただ、強いて言うならば琴音の出番がかなり少なめになってしまっていたのは少し残念だったかも。そういえばかぐやに関しては結局篠宮への想いを諦めたのか気になるところ。「覚悟してくださいね〜」の部分ではまだ諦めていないと安心したけど、→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    ある日かぐやはグループのリーダー美優から、自分の想い人に告白されたのか?と問われる。断ったと告げるかぐやだが、不機嫌になった彼女を宥めるため「自分には1つ上の彼氏がいる」と嘘をついてしまい…。文芸部後輩の姫島かぐやの友人関係に焦点を当てた第2巻。やっぱり1巻同様にコメディというより、青春学園小説っぽいな。新キャラ後輩の玉枝さんの登場と、その伏線の回収の手法に巧さを感じました。そして誠司に嫉妬したりデレたりする琴音がとても可愛らしい。今回はあまり無かったこの二人の物語を、ぜひ続編でお願いしたいところです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★正直、1巻の印象は朧げにしか残っていなかったのだが、この2巻をして、作品の存在感をガツンとぶつけてきたなと。交際から始まるラブコメなので、サブヒロインは言ってしまえば「負け確」なのだが、ラノベ好きな小悪魔系後輩キャラにスクールカーストまで絡めてくるとか、大好物ですありがとうございます。様々なしがらみで雁字搦めになっていた彼女が、好きなものを好きと言って何が悪いと、開き直ったのは爽快だったし、その結果が生んだ新たな関係も良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よちたか

    1巻の俺ガイル臭や昨今流行の甘々ラブコメっぽさはだいぶ薄れていたけど、負け確後輩ヒロインにフォーカスした今回は、より青春小説色が強くなり、この作品としての独自性が出てきて、個人的には1巻より2巻の方がずっと良かった。パーフェクトヒロインよりメンヘラ気質のヒロインの方が、お話的にもカタルシスに繋げやすいし、主人公も前回のような搦手、自爆ではなく、正面からヒロインと向き合ったので、読後感もスッキリ。強烈なインパクトを残した新キャラもいたし、思わせぶりなエピローグもあったので、今回の方向性で続きを読んでみたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル