落第騎士の英雄譚 18
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

落第騎士の英雄譚 18

世界の命運を決める最後の戦い、その始まりを告げる第18弾!
著者: 海空りく (著者) / をん (イラストレーター)
シリーズ:「落第騎士の英雄譚」シリーズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「貴方には誰も殺させないッ!!」

《大炎》天童は討伐されたものの、いまだ首都東京は米軍の侵攻に対する防衛戦の只中にあった。

日本側の主戦力《世界時計》新宮寺黒乃をもってしても対処しきれない米軍の圧倒的物量。
だが土壇場での黒乃の決意と選択は過酷な運命を打ち破る契機となり、増援として駆け付けた一輝やステラ、刀華ら最精鋭の学生騎士たちは、状況を覆すべく戦場で刃を振るう。

一方、かつて月影らが《解放軍》本拠地で遭遇した《超人》エイブラハムは《大教授》アイランズと共に不気味な策動を始めていて――!?

世界の命運を決める最後の戦い、その始まりを告げる第18弾!

みんなからのレビュー

  • よっち

    日本側の主戦力・新宮寺黒乃をもってしても対処しきれない米軍の圧倒的物量。一方、かつて月影らが解放軍本拠地で遭遇した「超人」エイブラハムが、「大教授」アイランズと共に不気味な策動を始める第十八弾。囚われた月影たちを救った王馬の奮闘、過酷な運命を打ち破る契機となった黒乃の決意と選択。何というか米国の強引な論理によってもたらされた危機的状況は、戻ってきた一輝たちの活躍で鎧袖一触という感じで終わりましたけど、ストーリー的にはむしろここからが本番ということですかね。王子様が救ってハッピーエンドとなるのか続巻に期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    最終章開幕。なんか一気に規模が大きくなったな~っていうのとちょっと戦闘シーンが大味すぎたかな?といった印象が強い感だったな。まあ、人数が増えればその分スケールが大きくなるし、この巻はプロローグやろうし次巻以降からの盛り上がりに期待という事で。黒乃が自身の思いに気づき殻を破ったシーンが良かったな。《大教授》カール・アイランズに攫われたステラを一輝は無事に救い出すことが出来るのか楽しみだし、勢揃いの総力戦になりそうだからバトル方面にも期待したい所だな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナオフミ

    ついに最終章!好きな作品のカウントダウンが始まってしまい嬉しいやら悲しいやら、この作品を読むと色々な困難に立ち向かっていけるような気がします。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Susumu Miki(Dik-dik)

    「ハドロンカノン」ってアニメのコードギアスに出てきてた奴でしょうか? とりあえず大火力を撃ち合いやその防御にくらべて、生身同士の巻末での次巻への引きは地味といえば地味(笑)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • D-suke

    ★★★☆☆ 超人の人のクローンくだりがいまいち。数が多すぎるのとパワーバランスが分からなすぎる。王馬が前にやられたって言ってたけど、かなり簡単に日本では潰されてる。もっと他の魔人たちを出す等して欲しかった。展開も一気に日本に帰ってくるけど、なし崩しでどんどん話が進んでいって、あっさり敵が倒され、実質1巻で決着がついてしまう。もう少しゆっくりやっても良かったのかなと思う。一輝君もわざわざ帰ってきたけど一瞬だった。ただ、多分これからの展開につなげるためにこうなったのかなとは思う。ちょっと一輝の弱体化が心配 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/06/13
  • 定価
    630円+税
  • ISBN
    9784815606435

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル