不殺の不死王の済世記
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

不殺の不死王の済世記

アンデッドによる、人間のための、平和な世界征服!
著者: 笹木 さくま (著者) / 葉山えいし (イラスト)
シリーズ:不殺の不死王の済世記(ファミ通文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

伝染病で死にかけていた少女ミラを救ってくれたのは、禍々しい動く骸骨、不死王・テリオスだった。テリオスはスケルトンを労働力として提供し、生き残った子供たちに勉学まで教えてくれた。最初は怖がっていた子供らもその誠実さに打ち解けていく。特にミラは才能があると魔法まで教わり、テリオスの弟子としてメキメキと才覚を伸ばしていた。しかしある日、スケルトンが出没していると国から討伐隊が派遣されてしまい――!? 誰も殺さず世界征服を目指す不死王と、彼を支えた銀髪の乙女の伝説、開幕!

パートナーのおすすめレビュー

  • ディアナ
    ディアナ
    「誰も殺さないで世界を統べ、平和にする」理想極致にあるお話ッスけど、それをこんなにも大真面目に、しかも現実的に考えてる主人公って、なかなかいないと思うッスね!

    不死であるテリオスが人の上に立って先導し、魔術で生まれるゴーレムを普及させ、人が働かずとも飢えとは無縁の世界を作る。それを誰も殺さず、百年、千年かけても成し遂げようっていうんスから、彼が提唱する平和な世界は、読んでるこっちまで感嘆してしまうほど理想的に感じられるッス。

    でも、テリオスが真摯に考えたそんな世界も、あくまで彼の理想に過ぎない、っていうのがなんとも切ないんス。排除されるべき王侯貴族、「殺さず」の信念にとらわれる人間、そして、死すべき悪人……ここまで理想的な条件を整えてなお、その陰で生まれる切実な人間模様や想いには、胸にぐいぐい来るものを感じちゃうッスよ。

    そして、テリオスも自身の望みが自分の身勝手だと理解してるんスよね。だからこそ、彼は他人の尊厳を踏みにじるのはためらわないし、時には死よりも酷な裁きも下しちゃうッス。平和を追い求める不死の王の、人を殺さずに殺す方法……彼のそんな術にも、ぜひ注目してほしいッス!
  • レオン
    レオン
    誰よりも心優しい不死の魔物テリオスと、彼の手で伝染病から救われたヒロインのミラ。テリオスは肉も体温もない骸骨だけど、彼らの血の通った温かなやりとりにほっこりさせられるよ。

    テリオスがミラたちを助けたのは、あくまで協力者を得るためっていう打算の中でのことなんだ。でも、子供たちだけが生き残った村で、ミラたちを優しく守ってあげるテリオスは、彼女たちを穏やかに導く教師みたい。そんな彼だからこそミラが懐く気持ちわかるし、ボクだって「先生、先生」ってあんなに慕われたら守ってあげたくなっちゃうな。

    けれど、彼らの関係は雲行きが怪しくなっていくんだ。誰も殺さずに平和な世界を作るっていうテリオスの信念は、ある一点において、ミラには決して受け入れられないものになってしまうんだ。キミも、アンデッドと救われた少女の行く末を見届けよう!

みんなのデータ

  • 12
    評価する
  • 12
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まっさん

    ★★★☆ 最強の魔物の一人である不死王に転生した主人公が、人間を誰も殺さずに世界を統一しようと画策する建国物。最初から最後まで物語を丁寧に作り込んでいる印象を受けた今作。重厚な世界観や複雑な設定が用意されているという訳ではないが、登場人物のやり取りやそれぞれのバックグラウンドなどがいい意味で分かりやすく、非常に読み味がいい印象を受けた。ただ、主人公の”人を一人も殺さない”という信念が物語を盛り上げるための枷になりそうな予感がするため(実際今巻も最後の展開は個人的に少し物足りなかった)、この辺りを次巻以→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    とある片田舎の国の村、伝染病で死にかけていた少女が不殺での世界征服を目指す不思議な不死者と出会い、始まる物語。―――例えエゴで押し付けでも、諦められぬ夢がある。 コミカル何処行ったと言わんばかりにシリアスみに溢れたダークな作風の物語であり、一度挫折を経ても尚、どれだけ時間をかける事になるとしても尚、人間を愛するが故の夢の為に足掻き続ける不死者の、泥臭い物語であり、少女が世界を広げ成長していく、一筋の光ある物語であり。始まる世界征服、いきなりの波乱の先の次の政策とはどんなものか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ 一人も殺さない世界征服を目指す無謀な夢を持つ不死王と彼に助けられた銀髪の乙女の物語。従来のコミカルな作風を捨ててシリアスな作風にチェンジ。主人公の不死王は脳天気な夢を語っているのではなく、挫折を経たからこの夢を目指すという点が良い。彼の正体には不意をつかれた。こうなると相棒の黒猫の正体も気になる。いかに強大な力を持とうとも、無茶な夢に挑戦する物語だが、作者にとっても舵取りの難しい物語であろう。それ故に挑戦しがいのある内容となるだろう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • alleine05

    まあまあ。主人公は、魔力は膨大、財宝も潤沢、接近戦もこなせる不死王というチートな存在だけど、そんなチートでも無理ゲーなんじゃないかと思える「だれも殺すことなく世界征服」という目標をいかにして達成するかが見どころ。とはいえ現時点ではまだ始まりの一巻目だから、小さな村の生き残りの子どもたちを助けて、田舎の小国の事情に関わってと、やってることのスケールは小さめ。もっと周りの国々の思惑が絡み合ってややこしい状況をどう切り抜けていくのかも見てみたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TERU

    たくさんの人を殺してでも平和を求めた主人公、それは間違いだった... 時が経ち、不死王となった主人公が、誰も殺さずに平和な世界を作るため奮闘する物語。 目標は壮大、後半の思いのぶつけ合いは良い、しかし今後それが崩れ去るような終始不穏な語り口調は、この物語の行く末を見届けたいと思う気持ちが募るばかり。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/05/29
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784047360648

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK