甘えてくる年上教官に養ってもらうのはやり過ぎですか? 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

甘えてくる年上教官に養ってもらうのはやり過ぎですか? 4

美人年上教官と元教え子の同棲ラブコメ、感動のフィナーレ!
著者: 神里 大和 (著者) / 小林ちさと (イラスト)
シリーズ:甘えてくる年上教官に養ってもらうのはやり過ぎですか?(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

悪魔との最終決戦が始まった。教官と甘々イチャイチャしながらも悪魔を倒し続けていた俺の前に現れたのは、悪魔の王にして父親であるルシファー。俺は戦争を終わらせて教官と——いや、ミヤさんと結ばれる!

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    【電子書籍】ウェディングドレスを着た美しいミヤ。そんな彼女と結ばれることを夢見て、戦い続けるテアの物語はこれで完結。明らかになるテアの母親の正体、テアの来歴、そして大魔王である父・ルシファーの真の願い。全てを知ってもなお、テアはミアとともに父に挑む!面白かった。年の差恋愛物語であり、親と子の物語でもありました。駆け足気味に進行した本最終巻ですが、表紙イラストのような姿の美しいミヤと、彼女を慈しむように隣に立つテアの結婚式の様子が姿が描かれるハッピーエンディング。感無量です。次回作も楽しみにしています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    サタナキアとの共闘を経て力を取り戻したテアはミヤとの約束を果たすために再告白をする中、悪魔との最終決戦が迫るとともにテアの出生の秘密が明らかになる最終巻。決戦前のシャローネを筆頭に仲間たちとの姦しいやり取りやミヤの大胆な行為には、ほんわかさせられるもテアに課せられていた宿命は過酷の一言。ルシファーとテアの母の物語は不器用にしか生きられなかった彼らの悲劇であり、そんな二人の想いを受け取り未来を切り開いたテアとミヤには拍手しかない。ラストは表紙の通りでハッピーウエディングで、駆け足ながらも楽しい読後感でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    サタナキアとの共闘を経てて力を取り戻したテアがミヤへ再告白する中、ルシファー率いる悪魔との最終決戦の中で全ての真実が判明する最終巻。―――二つの力を合わせ討て、不器用な親父の最後の願いを。 ルシファーの思惑、テアの母親、暗躍していた敵組織の真実。全てが明らかとなり彼の願いへと収束する中、テアとミヤがその願いを叶える為に全力を尽くす、最後まで愛に溢れる熱さみなぎり駆け抜ける巻である。皆で辿り着いたのは全てが終わった平和な世界。これからは大切な人と仲間と共に、悲願の先へ皆で。 うん、とても面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • じゃんく

    愛の物語で終わったんね……中盤ちょっと引っ掛かる場所もあったけど、無事に完走して最後はハッピーウェディングで幕を閉じた良い作品だったと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル