鬼畜先生の博愛教育
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

鬼畜先生の博愛教育

目には目を、歯には歯を。異能で荒れる学園を異能でねじ伏せ更生させる!
著者: 藤川 恵蔵 (著者) / 小森 くづゆ (イラスト)
シリーズ:鬼畜先生の博愛教育(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

学園島タルタロス──ごくまれに異能を持つ者が産まれるようになった現代において、政府がそういった特殊な能力を持つ者たちを管理・教育するために、いくつもの異能学園をまとめて作り上げた巨大な教育施設である。そこに新任教師として赴任した神永カムイは、異能学生の集まる今の学園がいかに荒れているかを目の当たりにする。ただでさえ異能に対応できる教師が少ない上に、異能によるイジメや喧嘩、果ては異能を狙う外部の悪党たち──荒れ狂う学園を、かつて自らも異能学生として""異能バトル""に明け暮れていたカムイが、学園の問題と真っ向からぶつかり、豪快に力業で解決していくことに──!
【電子限定!書き下ろし特典つき】

パートナーのコメント

  • レオン

    レオン
    異能力者の問題児たちを更生させていく、カムイ先生の熱血指導に圧倒されるね。

    肉体を強化する者、武器を具現化する者、炎や電撃を放つ者など、異能を使う不良集団を軽くあしらう規格外の強さを持っているカムイ先生だけど、本来は戦闘には不向きな『瞬間記憶』の能力者だからすごいんだ。どんな能力でも努力すれば、社会や自分の将来に活かせる。けれど一歩間違えれば自身はおろか世界すら滅ぼしかねない。そうならないために能力を持て余す生徒たちに正しい使い方を教えようとするカムイ先生の思いに胸が熱くなるんだよ。

    そしてカムイ先生は生徒の指導だけじゃなく、異能を悪用する犯罪組織から学校と生徒を守ったりもするんだよ。たとえ教師に反抗的な生徒であっても、悪い大人から自分たちを身体を張って守ろうとするカムイ先生だからこそ、みんなも心を開いていくんだよね。

    いろいろと常識外れで無茶苦茶なところもあるけれど、教師と生徒の絆を描いた青春学園ドラマだよ。
  • ディアナ

    ディアナ
    不良だらけの底辺校にやってきた新米教師の神永カムイが、問題児たちの腐った性根を叩きのめしていく学園異能バトルものッス!

    教師に暴力をふるう不良集団はまだマシで、言動がイタい中二病男子だったり、異能で誘惑する女子だったり、ネットに個人情報を晒し上げる引きこもりだったり、どいつもこいつもカムイ先生を辞めさせようと教師イジメをしてくるムカつく奴らばかりッス! それに加えてクレーマーの保護者、無能な教育委員会、生徒を狙う犯罪組織と、次々と降りかかってくる問題を力業で解決していくカムイ先生の活躍が痛快ッス!

    大人を舐めている不良たちや、教師と軽く見る組織の刺客に実力の違いをみせて鼻っ柱をへし折る! それを本人はまったくの無自覚でやってるから、鬼畜ッスね~! でも、どんな問題児でも見捨てたり、頭ごなしに叱りつけたりせずに、生徒の悩みに向き合って解決策を探そうとする立派な先生ッス!

    問題児を更生させていくうちに、いつの間にか女子生徒が集まってハーレム状態に……教師と生徒の禁断の関係ってのも燃えるッスね!
    問題児だらけで騒動も絶えないけれど、毎日が刺激的な学校生活が賑やかで楽しいッス!

みんなからのレビュー

  • まっさん

    ★★☆ 当初は購入を見送るつもりだったものの、表紙のヒロインがかなり刺さったのでやはり購入を決めた今作。様々な異能を扱う学生を集めた学園島・タルタロスを舞台として、学園の問題児達を実力行使で躾ていく教師を主人公に据えるという設定はかなり良かったと思うが、正直今作はその設定を持て余しているように感じられた。そこまで学園要素を感じられなかったり、学園の問題児達を教育するというテーマの割には名前が付いている学生の登場人物が二人しか登場しないなどもう少し学園要素を活用出来なかったのかな。それに加えて展開が急→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    学園異能バトルを読むのが久しぶりでしたが楽しめました。自らの力や使い方に悩むヒロイン達が様々なイベントを通して、無自覚に鬼畜で強い主人公に惹かれていくのが描かれていた。各キャラの心情が上手く出ていて良かったです。続きが楽しみな作品です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    ごくまれに異能を持つ者が生まれるようになった世界で、巨大な学園に新任教師として赴任した、かつて異能バトルに明け暮れていた青年が問題を力技で解決していく物語。―――豪快に真っ直ぐ真正面、それが教師の本懐なれば。 愉快痛快、真正面から生徒に向き合い豪快にぶつかり体当たりで解決する。そんな古典的なれど確かに裏打ちされた面白さと熱さがある物語であり、まるでごくせんのように体当たりなその対応が痛快であり爽快な物語である。始まった学園生活、果たして新たにやってくる問題児とは。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • げんごろう

    異能力者が集まる学園が舞台の本作。 正義感の強い脳筋主人公が、問題生徒達を力業で教育していく様子は実に痛快。 少年漫画の様なノリと雰囲気で大変サクサク読める一冊でした。 今巻は序章という印象でしたので、これからの展開に期待の作品ですね! 校長のデレにも期待です笑 続きを読む…

    ネタバレあり
  • alleine05

    面白かった。基本的には気楽に読めるラノベらしい作風でありつつもちょろっと真面目に教育問題について考える要素があるのがいいね。あくまでちょろっとレベルでそれほど深刻にではないけど。このへんはあとがきで書かれていた教師になったという作者の学生時代の友人の話が反映されているのかな。あと主人公の考え方が大人として教師として好感が持てるものなのも好印象だった。ナンバリングがふられていないので続きがあるのかどうかはわからないけど、続きがあれば読んでみたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/04/25
  • 定価
    620円+税
  • ISBN
    9784040646701

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル