現実主義勇者の王国再建記 12
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

現実主義勇者の王国再建記 12

言葉は要らぬ、「武」で語れ
著者: どぜう丸 (著者) / 冬ゆき (イラスト)
シリーズ:「現実主義勇者の王国再建記」シリーズ(オーバーラップ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

言葉は要らぬ、「武」で語れ

傭兵国家ゼムから『大武術大会』への招待状を受け取ったソーマ。その大会は優勝者に「願いを叶える権利」が与えられるゼムの一大イベントであった。
ソーマは国交が途絶えたゼムの招待に応じない構えであったが、元王国陸軍大将ゲオルグの娘が大会に参加すると報告が上がり!?
かつて王国の内乱で反逆者として処分されたゲオルグ。
その娘が優勝して復讐を願えばゼムを率いて王国に戦争を仕掛ける可能性もある。
彼女の真意を探るべくソーマはゼムへ赴くが、彼女に接触したゼム王もその思惑をはかりかねており……!?
革新的な異世界内政ファンタジー、第12巻!

みんなからのレビュー

  • よっち

    傭兵国家ゼムから『大武術大会』への招待状を受け取ったソーマ。王国の内乱で反逆者として処分された元陸軍大将ゲオルグの娘・ミオが使者として招待状を届けたことで、その思惑を探るためにゼムに向かう第十二弾。大武術大会を勝ち抜いたミオの願いは真摯なものでしたけど、そんな彼女は武力以外はポンコツな感じで、婿候補としてすっかり目を付けられてしまったコルベールの心労待ったなしですね、これは(苦笑)思わぬ形で初顔合わせしたマリアとの口約束も気になるところですけど、九頭竜諸島連合との衝突がどうなるのか続巻に期待ということで。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 柏バカ一代

    あとがきが変な位置にあったな。。獅子の将軍の忘形見が自身の父親の不名誉な自決の真相を知りたがるか、、その後の怒涛の展開は。立ち尽くしていた本人が何を感じていたのだろうか?その後の婿取りは失敗だなありゃww今度は海洋国家が相手みたいだが、、海に問題があるみたいだけど現代知識で解決できるのだろうか?次巻が待ち遠しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • T

    西の隣国である傭兵国家ゼムから『大武術大会』への招待状を受け取ったソーマ。優勝すれば「願いを叶える権利」が与えられる一大イベント。彼は当初この招待には応じないつもりだったが、ゲオルクの娘・ミオも大会に出場すると聞き、ゼムへ赴く。異世界内政ファンタジー第12巻。尊敬する父の真相を願い、全霊を賭して武術大会へ出場したミオ。そして、そんな彼女の想いを真摯に受け止めるカゲトラ。二人の想いと繋がりが感じられる物語でした。子供たちと過ごす平和な日常が微笑ましかったものの、新たな嵐の予感を感じさせる次巻も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • バーボン

    傭兵国家ゼムからの『大武術大会』への招待。優勝者には『願いを叶える権利』。アイーシャVSゲオルグ娘ミオ。ミオ、優勝し父の反逆の再調査を望む。ソーマ、カゲトラに勝利を調査の条件も達成。帝国との直接会談、初対面。帝国の将クーリエをナデンへ押し付ける。帝国の協力を取り付ける。ゲオルグの名誉回復。領地経営にコルベールを派遣。九頭竜諸島連合当主キシュン、『人魚族』王娘シャボン、言い伝えに危機感。海戦に向け島型空母ヒリュウを投入。途中、救助した二人をソーマの元へ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ダック

    めちゃくちゃいいところで終わりました。 早く次の巻が出て欲しいです 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル