ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 5

闇を穿て、魔を払え――最強の力を以って
著者: 篠崎芳 (著者) / KWKM (イラスト)
シリーズ:「ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで」シリーズ(オーバーラップ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「ここで出てきましたか、大魔帝」
「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、三森灯河が金棲魔軍帯の最奥、禁忌の
魔女・エリカのもとへ辿り着くのと時を同じくして、いよいよ大魔帝軍の人類へ
の侵攻が開始された。歴戦の勇士や各国主力戦団が次々と倒れ伏すなか、十河綾
香も前線で窮地に追い込まれるという、人類にとって圧倒的不利な戦況。だがそ
の時、黒衣を纏い魔蠅の仮面をつけたE級勇者が、戦場へと降り立つーー。
「大魔帝の軍勢および、金眼の魔物は。我が蠅王ノ戦団がーー蹂躙する」
かつて空気モブだったE級勇者が、絶対最強へと至る逆襲譚、第5幕。

みんなからのレビュー

  • 柏バカ一代

    禁忌の魔女に出会い、そこで疲れ、傷を癒す主人公達。でもそれは大魔帝軍の侵攻によって打ち砕かれた。その戦いの最中、委員長こと十河がついに特殊能力開眼。今迄の不遇を吹き飛ばすほどの大活躍だが、ホゾを噛む相手が不在。そして、援軍に駆け付けた姫騎士とハズレ枠スキルは金棲の魔獣達を蹴散らしながら幹部級も蹂躙して颯爽と去っていく。この後どうすんだ? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    魔女エリカに出会い、情報の共有・確認を行なった灯河。一方その頃人類の侵攻が開始されたが遂に大魔帝が現れ各方面で窮地に追い込まれる。十河達も前線に狩り出される事となり周りがどんどん倒れていく中、十河の中に眠る力が覚醒する。そして蠅の王が降臨し蹂躙が開始される巻。セラスの心残りの為に戦争を始める灯河は仲間思いな一方、敵には容赦なく策を労し蹂躙していく様が好きやわ。禁術を会得できたら女神をも葬れる可能性があると知れたのもでかいな。果たしてお次の展開はどうなるか楽しみやわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    中々熱い決戦の巻でした。今まで強者として書かれてきたものがあっさり戦死していく絶望的な状況の中で、虐げられてきた綾香さん覚醒は熱かったですね。あと、ようやく合流しましたが今後どう展開していくのかも楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • へるぷまん

    ★★★★★ 大魔帝の軍勢vs人類の戦場に“蠅王ノ戦団”が参戦する第5巻。 魔女の隠れ住む地に到達し、トーカに興味を持った魔女エリカの招待を受け、魔女の棲家に滞在する事になったトーカ達。乗馬訓練に戦闘訓練、ピギ丸の魔物強化剤による第二の強化。セラスがネーア姫を心配し、大魔帝の軍勢と戦う戦場に、エリカ手製の防具の“蠅王ノ戦団”が駆けつける。窮地に遂に十河綾香が覚醒し、固有スキル【武装戦陣】を習得する。第二誓が嫉妬する程の強さの魔帝第一誓だが、トーカの状態異常コンボが効くなら……まぁそうなるわな。楽しめました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 鳳梨

    読了。ついに大魔帝軍が襲来。蠅王ノ戦団お披露目回。十河さんがすごくカッコよかった。王道の主人公感溢れてたなぁ。さらに、今回挿絵が最高にカッコよかった。十河さんはもちろん蠅王も迫力がありました。キリハラくんには相変わらず笑わせてもらいました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル