夢見る男子は現実主義者 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

夢見る男子は現実主義者 1

著者: おけまる (著) / さばみぞれ (イラスト)
シリーズ:夢見る男子は現実主義者(HJ文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

同じクラスの美少女・夏川愛華に恋い焦がれる佐城渉は、彼女との両想いを夢見て、めげずにアプローチを続けていた。しかし、ある日突然、夢は醒める。「あんな高嶺の花と俺じゃ釣り合わなくね……?」現実を見て適切な距離を取ろうとする渉の反応に、愛華は呆然。「もしかして、私、嫌われたの……?」勘違いの末、焦り慌てる彼女からは無自覚な好意が見え隠れ!?両片思いのすれ違いに悶絶必至の青春ラブコメ、開幕!

パートナーのコメント

  • 綾乃

    綾乃
    好きな女の子を追いかけていた主人公がある日突然冷静に!? ふと自分は何をしているのかと我に返るって事あるよね。でもラブコメで??うーん新しい!

    物語が始まった当初の主人公渉くんは、あの手この手で愛華ちゃんを追いかけ続ける「愛華ちゃん大好き芸人」なんて言われて、ちょっと残念な男子扱いされてるの。芸人って言われちゃうだけあって、おふざけ満載! 地の文でさえコミカルに振る舞っちゃう、渉くんのエンターテイナーっぷりにも注目だよ。

    けど、ずっと愛華ちゃんを追えるだけの積極性とコミュニケーション力があるなら、その使い方次第でかなりの能力を発揮できるはずなんだよね。それを裏づけるように、冷静になった彼が関わった女の子たちから認められていく姿は、残念男子だった彼の真価を見てるみたいで、主人公としてとてもかっこよく感じられちゃうんだ。

    でも、そんな真価に一番気づけてないのは、一度現実へ引き戻されちゃった渉くん自身だったりするんだよね。うーん、もったいないなぁ~。 この渉くんなら、愛華ちゃんともうまくやれるに違いないのに! いつか渉くんが、もう一度自信を持って愛華ちゃんに向き合うことができればいいな、なんて、彼のことを応援したくなっちゃったよ!
  • 華恋

    華恋
    主人公くんのことが好きなはずなのに! 好きなことに気づいてない、無自覚な好意にもやもやしちゃう愛華ちゃんがかわいすぎますっ!

    ずっと愛華ちゃんを追いかけ続けてた主人公の渉くんが、急に距離を取りだしたことで、さっそく愛華ちゃんは違和感に思い悩んじゃいます。しかも、彼女を追うのをやめた渉くんには、皮肉にも周りにいる他の女の子に気を配る余裕ができちゃうんですよね。
    渉くんは他の子たちと何をしてるんだろう、どうして私には近づいてこないんだろう……なんて、本人もよく理解できてない揺れ動く気持ちが、愛華ちゃんの視点でたっぷり味わえちゃいます! こんなの、かわいくないわけがありませんよ!

    距離をとるって決めた渉くんのほうも、愛華ちゃんが好きな気持ちは変わってないから、自分の代わりの女友達が増えた愛華ちゃんの様子を心から喜んでたりしてて……。うぅー、お互いに好き合ってるのに、このすれ違いがもどかしい! けどもう少しこのすれ違いを見ていたい気も……っ! どっちにしても、ふたりの関係の行く先がめちゃくちゃ気になっちゃいますっ!

関連情報

2020年夏注目作品 みんな一緒に!キミラノベ応援団

みんなからのレビュー

  • よっち

    同じクラスの美少女・夏川愛華との両想いを夢見て、めげずにアプローチを続けていた佐城渉。しかしある日突然、現実を見て適切な距離を取ろうとする彼の急変に、愛華も逆に気になり始める青春ラブコメディ。周囲もカップルなのではと誤解するくらいの距離感だったのに、一転渉が邪魔をしないよう遠くから見守るようにしたことで、ウザかったはずが逆にその不在が落ち着かなくなってゆく愛華。とはいえ現時点では彼女も違和感にモヤモヤしているくらいで、想いを自覚するのはこれからなんですかね。そんな二人のこれからに期待したい新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★ Web版既読。Web時代から一年以上追い続けていた作品なので、書籍化が決まった時は本当に嬉しかった今作。相変わらず地の文を使って主人公の独白スタイルで話が進むという形にテンポの良さを感じ、一瞬の心地良さでさえ感じられるほど読み味がいい作品だと思う。この話の進め方にコメディ部分のノリが合えばまず問題なく楽しめるのではないだろうか。ただ、両片想いのラブコメ物が流行りということもあって今作もその部分を押し出しているが、個人的に今作に主人公・ヒロインのすれ違いからの焦れったさといったようなものはそこ→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    Web版未読。高校一年生の佐城渉は中学生の時から夏川愛華に恋い焦がれ、振られ続けながらも滅気ずにアプローチを続けていたがある時を境に現実を直視し彼女と距離を置くようになるが…というお話です。なかなか面白かったです。流石に夏川さんがツンが激しすぎる嫌いがありますが、それを含めた圭を始めとする周囲の反応とか、必要以上に自身を普通と思う渉の背景だとかそういった諸々が、この先どう変化していくんだろうかと興味深く読む事が出来ました。ラストにて夏川さんの家お呼ばれした渉ですが、次巻ではどんな話になるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    高校生の渉は同級生の愛華のことが大好き。断られてもめげずに迫っていたが、ある日突然我に返る。いちファンとして端から愛でるだけで十分じゃね…?対する愛華は、その日以来アプローチが止んだことに困惑し…。渉が自己完結してしまい、また愛華も素直じゃないので、拗れまくるラブコメ。渉に起こった出来事を、愛華視点で振り返るのも良かった。ただ、あらすじで「両片思い」を謳う程の、愛華から渉への熱量は感じられなかったな。でもそれは彼女が自分の想いを認められてないだけ。次回大いに語ってくれるに違いない!期待の新シリーズです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    同じクラスの美少女・愛華に恋焦がれている渉は両想いを夢見て日々めげずにアプローチを繰り返していた。けど、そんなある日ふとした出来事が切っ掛けとなり目が覚めてしまい適切な距離を保とうとする渉、そして突然の反応の変化に呆然とする愛華。恋に燃え尽きた少年と嫌ってたはずの彼が気になって仕方がない少女の青春ラブコメ。面白かったな。渉が一人で暴走し、不意にボケて来るのが個人的にツボったw愛華も可愛らしい感じだし果たして二人がきちんと付き合うことになるのか続きが楽しみだな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/06/01
  • 定価
    619円+税
  • ISBN
    9784798622064

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル