Re:ゼロから始める異世界生活 22
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

Re:ゼロから始める異世界生活 22

「お師様が探してるのが、シャウラならあーしのことッス」
長月達平 (著者) / 大塚真一郎 (イラスト)
シリーズ:Re:ゼロから始める異世界生活(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

全知と呼ばれる『賢者』の知恵を求め、前人未到のアウグリア砂丘へ挑んだナツキ・スバル一行。数々の苦難を仲間との協力と、幾度もの『死』によって乗り越えた先、スバルたちを迎えたのは伝承とあまりに違う『賢者』の歓待だった。
スバルを師と呼び慕う『賢者』シャウラは、戸惑う一行へと無邪気に語り始める。それは、求めた全知を得るために課せられる『賢者』との知恵比べ。大図書館プレイアデスの『試験』へ挑む案内状――。
「何日、何年、何百年でも――ここで、あーしと一緒に楽しくやっていったらいいッスよ!」
大人気Web小説、虚飾と栄光の第二十二幕。――砕け散るは、騎士の矜持か、友愛か。

みんなのデータ

  • 30
    評価する
  • 15
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    数々の苦難を仲間との協力と、幾度もの死によって乗り越えた先にスバルたちを迎えた、スバルを師と呼び慕う『賢者』シャウラ。彼女から大図書館プレイアデスの『試験』を案内され挑み始める第二十二弾。伝承とあまりに違ってあっけらかんとしたシャウラの天然キャラっぷりには毒気を抜かれましたけど、仲間たちと挑んだ試験の中で出てきたレイドもまたなかなか強烈な存在でしたね。騎士としての矜持を完膚なきまでに叩き折られたユリウスにはいろいろキツイ展開が待っていましたけど、ここからどう活路を見出していくのか続巻に期待ということで。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シルビー

    プレアデス監視塔にたどり着いたスバル達が4章の時みたく3つの試験に挑み始めるお話。3層の試験があっさりクリアできたことから、わりかしサクサクいくかと思ったら2層の試験がやばすぎた。意地悪いどころの話じゃないですね(笑)。レイド・アストレアが関わるということでユリウスがかなりフォーカスされています。今まで見たことないほどユリウスが叩きのめされているけど、再起できるだろうか…。そんな不安が募る中、最後の最後でスバルが記憶喪失に。これほんと…どう収集つけるの(笑)。楽しくなってきました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かんけー

    読了♪前巻のトンデモ!の引きにドン引き不安も(^_^;)冒頭のスバルの慟哭の叫びもwユリウスと姉様には通用せず?虚しく響き表紙のガールズシャウラに強くつおくw抱き付かれ身動きも取れない有り様です(^_^;)プレアデス監視塔にようやくたどり着き、隠遁している賢者だそうで?スバルをお師様と呼びベッタリくっ付いて離れないの(^_^;)大図書館プレイアデス!その監視塔を構成する不思議のダンジョンみたいな迷路搭。彼女のお師匠フリューゲルが性格最悪!とスバルをして宣う(^_^;)シャウラはどう視ても?疑心暗鬼のキャラ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    さて今巻からプレアデス監視塔…大図書館プレイアデスでの「試験」がスタート。そして、スバルの事を何故か「お師様」と慕う「賢者」シャウラが登場し…と言うお話です。事実だけを言えば、スバルも死に戻りする事も無く、命のやり取りと言う意味での深刻な事態にはならない話であったものの、とても厄介な感じのする塔の中での試験が始まったと言った印象がありました。そんな中でも色々な面で余裕が失われつつあるユリウスの事や、読んでいてやはり無関係とは思えないスバルと「お師様」、それにシャウラとの関係、そしてどうもやらかして→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いお

    順調に進んでいくプレアデス監視塔での試練。スバルが大活躍。そして、「ここにいるのは俺の女だ!」発言に、エミリアもベアトリスもラムも否定しないことに、なんだかイラッとしてしまった…。そして、この巻で未解決の試験は、次回いかに解決するのか?楽しみ^_^ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/03/25
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784040645537

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK