スコップ無双 「スコップ波動砲!」(`・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д゜;;;).:∴ドゴォォ 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

スコップ無双 「スコップ波動砲!」(`・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д゜;;;).:∴ドゴォォ 4

天上天下最強の鉱夫と、純情プリンセスによる超王道スコップファンタジー!
著者: つちせ八十八 (著者) / 憂姫 はぐれ (イラスト)
シリーズ:スコップ無双 「スコップ波動砲!」 ( `・ω・´)♂〓〓〓〓★(゜Д ゜ ;;;).:∴ドゴォォ(MF文庫J)

あらすじ紹介

スコップで地獄の底まで掘り抜き、ついに最後のオーブを手にしたアラン達。オーブに祖国開放を願うが、人の願いを叶えるオーブは、既に人じゃない姫には使えなかった。結局ふつうに波動砲で宰相を倒すことに。『ではこの旅の意味は一体!?』アリスのツッコミ虚しく波動砲で魔軍を一撃殲滅。神聖スコップ帝国の建国に幸せ絶頂のリティシアは、しかし己の大きな過ちに気付く。「わ、私は実は…シャベルだったのです!!」いろいろあった結果大魔王シャ・ベ・ルティシアに覚醒した姫を救うため、アランは己のスコップ波動砲を愛する姫に発射する――果してスコップとシャベルは一つになれるのか。超英雄ファンタジー、激動の第四弾!!

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 6
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばたやん@かみがた

    何か、頭をスッからかんにして読める1冊をと言うことで、読メの評判を参考に手に取りました。…何これ、頭おかしいー(笑)(誉めてます)。ここまでスコップ一本で貫き通すとはいっそ清々しい。終盤、姫のご乱心が招いたスコップ地獄は、カチュアが独り荒野に目覚め行く所に勝手に『百億の昼と千億の夜』のラストを重ねてしまったけど、明後日の方向の決着のつけ振りに安心しました。てか、これ裏表紙のあらすじ、ネタ晴らししてるやろ、こらアカンて。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    祖国開放を願ってみたらリティシアが既に人間ではなく使えなかった為普通に波動砲で事態を解決する中、魔将筆頭であるエリーゼがリティシアの姿で現れる今巻。―――異なる二つは一つになるか、全ては波動砲が知っている。 さてここまで精神を掘られて洗脳されてきた読者の皆様ご安心ください、更に洗脳されますこっぷ。リティシアがどんどんスコップになっていきカチュアの正気度がどんどん削られていく、どんどんスコップとシャベルが侵食してくる巻である。つまりいつも通りである。果たして次のすこっぷとは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    最後のオーブを手に入れたアラン達。祖国開放へと向かうのだがその前に七魔将筆頭のエリーゼが立ちふさがる本巻。既に人ではなくなったリティシアからのスコップ汚染は祖国を蝕み、大魔王へと覚醒するという…。アランにある部分をスコップされるカチュアが何ともいえない可愛さなのだが、鋭いツッコミは健在。敵将のエリーゼまでもツッコミ役になるのだが、あの悲惨なラストは目も当てられない(笑)。エリーゼはどうするのだろう…。しかし新たな強敵を迎えることになって、この物語はどこへ行くのだろうか。最後まで見届けたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヴィオラ

    すこ、すこすこすこー!すこすこ、すこ、すすこすこすこ、すこすこすこー!(もう、感想もこれで良いような気がしてきたw) もうね、最近現実がストレスフルなので、逆にこういう小説は貴重だと思ったりするわけですよ。繰り返される「すこ」と「スコ」も、ここまで続けられるとなんだか心地よくなってきたりして、確実にスコップ洗脳されている気もするw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • alleine05

    前巻までの話の流れからしてひょっとして今回で完結かなと思ったりもしたけどそうじゃなかったか。まあ、あらすじからなんとなくそんな気はしたが。今回から登場の偽リティシアことエリーゼはなかなかいいキャラしてた。今後もカチュアと一緒にがんばってスコップに抗ってほしい(笑) 一方、本物のリティシアはいろいろな意味で変だけど、それでもここまで一途にアランのことが好きなのに、それがなかなか本人に伝わらないのはちょっとかわいそうな気も。最終的にはリティシアもちゃんと幸せになってほしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 自分的2020年ベスト
    96ワッ3が作成したまとめ自分的2020年ベストで紹介されています。
    2

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/03/25
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784040645520

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK