デート・ア・ライブ 22
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

デート・ア・ライブ 22

さあ——私たちの戦争を終わらせましょう
著者: 橘公司 (著者) / つなこ (イラスト)
シリーズ:デート・ア・ライブ(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

五河士道たちの前に現れた謎の精霊〈ビースト〉。精霊としての力を失ったとしても少年のやるべきことはひとつ――デートして、デレさせること。四月一〇日に出会った少女とまた再会するため最後の戦争が始まる!

みんなからのレビュー

  • よっち

    精霊が存在しないはずの世界に現れた謎の精霊ビースト。目的も正体も不明の中、士道への執着を見せる謎の少女に、少年は元精霊たちの助けも借り命懸けの対話を試みる第二十弾。六喰、七罪、八舞姉妹、美九といった残る精霊たちの過去エピソードとその成長も取り上げつつ、彼女たちに背を押されてビーストに向き合ったことでわかったもうひとつの真実。安易な選択ではなく、それぞれ大切なものを見失わなかった決意、そしてそんな彼らが迎えた結末は良かったです。ほんとヒロインたちも士道も魅力的なキャラで楽しめた物語でした。お疲れさまでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★彼女の満面の笑みを見れただけで救われたような気がした。本編完結。精霊が消え去った筈の世界で、突如現れた謎の精霊ビースト。彼女とデートしてデレさせるために、士道が、元精霊の少女たちが立ち上がる。下巻ということで、六喰から十香までを章立てる構成。それぞれが非常に濃くて、感情を揺さぶる内容だったためか、クライマックス前には私の涙腺はグズグズに。そして迎えるラストシーン。突如質感の変わるページ。桜並木の薄桃によく映える夜色の髪。彼女の笑顔と最後の言葉。出会いで始まり出会いで終わる。最高の物語をありがとう 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シルビー

    デアラ本編解決。下巻も上巻に続き、各精霊たちのエピソードを挟みながら展開していく。今回は後半登場組の精霊たちが光っていました。特に六喰のエピソードがとても良かった。八舞姉妹の合体も良き。別世界の十香との邂逅は切なかったですね。それでも最後の最後、また十香に会えて物語としてはハッピーエンド。今後もスピンオフで全員の活躍が見たいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    幸せなシリーズ最終巻でした。やはり十香には笑顔が似合う。士道の隣にいないと落ち着かないよ。まだ短編やら続くみたいですが、とりあえず橘先生お疲れ様でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    文字通り各キャラのグッドエンドが描かれた上下巻だった。 敵も味方も全てのキャラ全員に過去と向き合うイベントを入れハッピーエンドへとまとめているのは、作者の愛故の構成だろう。 特に七罪や六喰、八舞の怒涛の設定回収展開は盛り上げとテンポが凄まじかった。 そして今回の敵たる「彼女」の展開も、過去改変(ルート分岐)へのアンサーなのだろう。たった一人の幸せを掴むために世界を変えることを肯定する、正にセカイ系らしい作品。それにしても狂三は便利すぎだけどw ギャルゲ意識のキャラ重視作品の極地。楽しませていただきました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル