デート・ア・バレット デート・ア・ライブフラグメント 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

デート・ア・バレット デート・ア・ライブフラグメント 6

時崎狂三とダンジョン攻略
著者: 東出祐一郎 (著者) / NOCO (イラスト) / 橘公司 (原案・監修)
シリーズ:デート・ア・ライブ フラグメント(富士見ファンタジア文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

狂三たちは白の女王の企みを阻止するため、第五領域に存在するダンジョンを攻略することに!? 狂三にヤンデレな蒼を仲間に加え、目指すはダンジョン最深部。ビキニアーマー狂三に遊び人響も思わず大興奮!?

みんなからのレビュー

  • サケ太

    今度は、RPG的な世界観。色々な世界や戦いが見れるのがこの作品の強みよね。蒼の告白。様々な人物の正体。彼方の世界に行くという危険性。どのように決着をつけていくのか。楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    今度の舞台はMMORPG風味。大手ジャンルとして定着してるためか、結構中盤までコメディ要素が強かった。 対する終盤は展開が超加速していく。やはりこの狂三は「あの狂三」なのだと。本編でも残した救済はここで成されるのか。 と同時にラストは本編設定をかなり使っている。白の女王は何かと本編設定と絡めるが、前回とは違い本編16巻まで読んでおかないと、この展開ガチで分からんのではないかと。 まさしくファン用スピンオフ作品の名に相応しい展開。これのアニメ化は大変だろうな(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★ 本作の狂三が「どの」狂三だったかについて今まで言及されてたっけか。なるほど、「あの」狂三という事実は圧倒的に納得ですわ。狂三の中でも特に「彼」に恋い焦がれ。情が深く冷酷になりきれない優しい個体。そうか、彼女の物語の続きがここに在ったのか。そう思うとじわりと湧き上がってくるモノがある。ここにきてやたら可愛い顔を見せる蒼に、変態淑女として一途に狂三を慕う響と置いていけない仲間が増えた中で、ついに白の女王の正体が。戦えるのか旅立てるのか、それらを愛しい彼との再会という天秤に乗せられるのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 藤崎

    第五領域は不毛の地(特に裏の意味はない)。そしてこれまでのアイドルだのななちゃいだの水着だのバニーだのに加えてついにはビキニアーマー登場で、いやもうどこまで行く気ですかと絶叫。さらにファンタジー世界観でステータスオープンしただけで爆笑不可避とか何かもう流石ですねと。しかしてそんなライトでポップなノリと見せかけておいて、ステータスとポイントすなわち自己の可視化と変革をそう活かしてくるかと唸る展開。そしてラストで・・・ホントにあったよ落とし穴。みたいな感じで、特大の追加爆弾投下された所で、どうなるのか期待です 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ブー

    今巻は、RPGの世界!ただ、今巻は最終局面に向かう為の巻って感じでした。この世界の狂三嬢の正体!また、各領域の秘密等々!いよいよ最終か!はたして現実へ戻れるのは!次巻も楽しみです。しかし、今巻、黒髪の反転精霊は、彼女ですよねきっと!また、今巻のイラストは良いですね! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル