やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー 1 雪乃side
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー 1 雪乃side

第一弾の雪乃sideは雪乃に焦点を当てた、豪華作家によるアンソロジー集。すべて完全書き下ろし作品。ライトノベル屈指の人気作家&イラストレーターたちが俺ガイルの世界を独自に表現した短編集!!
著者: 石川博品 (著) / さがら総 (著) / 天津向 (著) / 水沢夢 (著) / 裕時悠示 (著) / うかみ (イラスト) / 春日歩 (イラスト) / 切符 (イラスト) / ももこ (イラスト) / ぽんかん⑧ (イラスト) / 渡航 (著・原作)
シリーズ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー(ガガガ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「俺ガイル」アンソロジー4冊刊行!

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』のアンソロジー小説、2か月連続、計4冊刊行!
青春群像小説の金字塔「俺ガイル」がついに完結! 9年の軌跡とアニメ3期の放映を祝し、アンソロジーを3月、4月に2冊ずつ、計4冊を連続刊行。
本作「雪乃side」は、「雪ノ下雪乃」にまつわる短編とイラストを収録。
うかみ、春日 歩、切符、ももこといった大人気イラストレーター、石川博品、さがら 総、天津 向、水沢 夢、裕時悠示といった超豪華作家陣が参加!! 夢のコラボが実現しました。
そしてさらに、ぽんかん(8)と渡 航による、本作にあてた完全かき下ろし作品も収録!
ここでしか読めない、珠玉の物語集!


【編集担当からのおすすめ情報】
豪華執筆陣は以下の先生方。(敬称略、五十音順。カッコ内は代表作)
イラスト:うかみ(「ガヴリールドロップアウト」「クズと天使の二週目生活」など)、春日歩(「城下町のダンデライオン」「俺、ツインテールになります。」など)、切符(「のうりん」「ヴァンパイア・サマータイム」など)、ももこ(「ラストエンブリオ」「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」など)
小説:石川博品(「先生とそのお布団」「海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと 」など)、さがら 総(「変態王子と笑わない猫。」「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」など)、天津 向(「芸人ディスティネーション」「クズと天使の二週目生活」など)、水沢 夢(「俺、ツインテールになります。」「ふぉーくーるあふたー」など)、裕時悠示(「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」「29とJK」など)

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まろんぱぱ♪ 

    あのラストからのアンソロジー。あのキャラたちへの視線は、やはり人に寄って変わるのだなあ?と実感。だから、私が思い描くあの奉仕部メンバーは、私視線のモノなんだなあと思いますね。だけに、本音はやはり、本家は本家(笑)やはり渡先生のが納得というか安心(笑)最終巻の私のレビューでも書いた「父親」の存在が、どこの家にもなかっただけに、このアンソロジーは収穫♪ですが、やはり娘さんて、父親と似た男性を選ぶんだなあと変な感想(笑)雪のんと八幡のお付き合いも順調なようですね。でこ出しの雪のんとツインテ静さんは見たかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かんけー

    読了♪待ってましたの俺ガイルアンソロジーゆきのんwside ♪「その答えは風に吹かれている」本編では確実に読めない○○ネタエピソード(^_^;)八幡と材木座の悪巧みが可笑しく?兎に角戸塚わいいと!はっきり言ってBL嫌悪感しかないのにw戸塚だと平気なのな~(*^▽^*)♪「ラストのゆきのんに癒され~♪「将棋はとっても楽しいなぁ!」これまた?アンソロジーだから読めるゆきのん特記ネタやね~(^_^;)奉仕部の依頼物件に苦笑(^_^;)将棋部員の「あっあっあっ」wに苦笑(^_^;)の連続でw人物の配置が無茶苦茶→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    石川博品氏による悪だくみをする八幡たち、さがら総氏の将棋部に挑む八幡、天津向氏による八幡と雪乃の初舞台、水沢夢氏の雪乃のヘアスタイル事情、裕時悠示氏が描く29歳の雪乃、わたりんの描く雪ノ下家の一コマなど「雪ノ下雪乃」にまつわる短編とイラストを集めたアンソロジー。イラストレータ各氏の描き下ろしイラストも良かったですが、注目はわたりんの描いた短編で初登場のぱぱのん。あの三人に囲まれてたらハゲそうというか想像通りの人物像というか、いろんな意味で興味深いエピソードでした。他の方々が書くとあんな感じになるんですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【電子書籍】雪乃のありかたは十人十色。いずれの雪乃も魅力的でした。渡氏によるその後の雪ノ下家を描いたエピソードには笑ってしまった。未来予想図かな。八幡よ、強く生きるのだ…。あと、雪乃の恋する乙女っぷりがかわいい。「さすがですお姉さま」の一言は狙ったのかどうなのか…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    ①ゆきのんとガハマさんへの突風パンチラ作戦、②ヒッキーが盤外戦術で将棋部レギュラーを倒す話、③幼稚園児たちを前にヒッキーとゆきのんが漫才をする話、④ゆきのんツインテール、⑤29とJK(ゆきのんバージョン)、⑥パパのん視点での雪ノ下家女性陣とゆきのん交際問題。後日談として⑥が面白かったのは当然でしたが、①~⑤も作者の個性が凄く出てて面白かった。特に②のヒッキーが汚すぎるわwww。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/03/18
  • 定価
    770円(本体700円+税)
  • ISBN
    9784094518351

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK