魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 10
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 10

「これより、我が城に大浴場を作る!」
著者: 手島史詞 (著) / COMTA (イラスト)
シリーズ:魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「これより、我が城に大浴場を作る!」

大きいお風呂が欲しいというリリスからの訴えを受け、部下の慰労や、ネフィのためザガンは城に大浴場を建設することに。
彼は東方の建築を研究したり、なぜか魔王殿に存在した大浴場を参考になんとか完成までこぎつける。
大浴場を楽しむネフィやシャスティルたち、覗きをしようとするバルバロスと防ぐザガンなど、バタバタした魔王たちの日常は変わらず続いていく。
しかし、暗躍するビフロンスの魔の手は忍び寄っており、さらにはアルシエラが存在をひた隠しにしていた<アザゼル>がその姿を現し――大人気ラブコメファンタジー絶好調の第10巻!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    大きいお風呂が欲しいというリリスからの訴えを受け、部下の慰労やネフィのために城に大浴場を建設することにしたザガン。一方で暗躍するビフロンスの魔の手は忍び寄り、アルシエラが存在をひた隠しにしていたアザゼルがその姿を現す第十弾。大浴場建設だったり、それぞれの不器用な微笑ましい恋模様にほのぼのする一方で忍び寄る魔の手。バルバロスやシャックスはもう少し頑張れ…と言いたくなる展開の中、重要なところで男を見せてくれたシャックスが良かったです。サガンの過去もポイントになりそうですが、不穏な展開はまだまだ続きそうですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    リリスの涙ながらの訴えにより、魔王城に大浴場を作ることにしたザガン。温泉は『肉親など親しいものたちの交流を深めるためのもの』と知り、ネフィとオリアスのためにもと浴場建造の決意を固くする。一方、ビフロンスとシアカーンはさらなる陰謀を巡らせる。シリアスとほのぼのとした日常風景が交互に描かれ、やがて物語はザガン出生の秘密に迫るのだが…。今回もナイス愛で力。ザガンとネフィのもだもだっぷりも相変わらずでほっこりします。”銀眼の王”と”アザゼル”の正体もほのめかされ、いよいよ物語も佳境でしょうか。次回も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなで

    なぜか親孝行としてお風呂づくりが始まる魔王ザガンのお城。 双子を生贄にしてまで復活させた影の正体は、アルシエラの生涯の敵。 銀眼の王はザガンの父親で、ザガンとステラを、救ったマルクの正体は教皇。 情報が多すぎると思ったら、魔王最強と呼ばれたアンドレアルフスはビフロンスに殺されるし、10巻まで読んでおいて伏線が全く自分の中で噛み砕けない! シアカーンも死にそうだし、結局ビフロンスの目的もわからないし。 それでも露天風呂にザガンとネフィが二人で入っていたのは圧倒的愛で力!!! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    魔王、城に大浴場を作る。名前の出てない配下も含めたらけっこうな人数だろうに、いままで家庭レベルのお風呂だったというのがむしろ衝撃でしたが。まあ、ザガンだもんね。お義母さんとの交流も楽しげで何よりです。空飛ぶデートもよかった。魔王サイドは不穏な感じですが。とうとうザガンの出生にも触れ、次回急展開なんでしょうか。……いやけど魔奴愛だしなぁ。ほのぼのしそうだよなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    リリスの要望によりザガンが城に大浴場を作る事にする中、ビフロンスの思惑が進み天使が姿を現す今巻。―――深まる想いはめくるめく、世界の危機は淡々と。 ザガンとネフィが夫婦していたりバルバロスがシャスティルとドタバタラブコメしたり。夫婦と恋人未満のいちゃいちゃと、事態の黒幕との激突。緩急使い分けた堂に入った面白さがいよいよ佳境を迎えつつある匂いを醸し出す巻であり、ザガンの力でも及ばぬ敵の出現や過去の判明と言った、隠されていた欠片が舞台に上がる、更なる戦いの予感を感じさせる巻である。 勿論次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/02/01
  • 定価
    713円(本体648円+税)
  • ISBN
    9784798621210

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK