ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 12
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 12

竜族が守護する有翼人の里へ。
著者: ネコ光一 (著者) / Nardack (イラスト)
シリーズ:「ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント」シリーズ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

竜族が守護する有翼人の里へ。

獣王と大陸間会合(レジェンディア)で再会することを約束し、獣国アービトレイを後にしたシリウス一行。
会合の開催地であるサンドールに向かう道中に、魔物の群れに襲われる少女を救出する。
まだ年端もいかぬその少女の背には、美しい翼があった――。
母と生き別れてしまったという有翼の少女カレンを家族のもとに送り届けるべく、竜族が守護する故郷へ向かう。
だが、その地で待っていたのは、命を散らす寸前の少女の母と、かつてシリウスと敵対し命を奪った相手の家族で……!?
そして、シリウスは長き旅の中で苦楽を共にした愛しき少女たちに対し、己の決意を伝える――異世界式教育ミッション、決断の第12幕。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    大陸間会合の地へ向かう途中で有翼の少女を保護し故郷へ送り届ける為に行き先を変える中、シリウスが一つの決意を固める今巻。―――今こそ飛び立て、一歩踏み出し変化の空へ。 新たな将来有望の弟子も仲間に加わりかつて殺し合った相手の家族と因縁の再会をする中、シリウスが恋人たちとの関係を進める事を選ぶ巻であり、決意と変化、そして誰かが遺した思いが誰かに届く、温かくて熱く物語が更に一歩進む巻である。新たな弟子も加わり更に賑やかさが増す中、シリウス達の旅は今度は何処へ立ち寄ることになるのか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 加賀ますず

    新大陸編第2弾!新たな街へ向けての道中、魔物に襲われている旅団が捨て置いたのは、有翼人の少女だった…。今巻は有翼人の少女とのエピソード。相変わらず物語の構成が整理されていて分かりやすく、且つきちんと盛り上がりポイントやカタルシスも用意されていて読後感が最高。最初は警戒ばかりしていた有翼人の少女カレンが、少しずつシリウス達に心を開いていく様は巧&妙。竜の巣での母の葛藤や娘の成長もグッとくる良エピソードでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナオフミ

    やはり家族とはいいものだと改めて思わせる作品でした。自分は家族とかそういう話に弱くてすぐにウルウルさせてしまうのです。とても面白かった今後もシリウスたちの旅を見ていきたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK