ひきこまり吸血姫の悶々
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ひきこまり吸血姫の悶々

「たとえ世界がひっくり返っても私は引きこもる!!!」

第11回GA文庫大賞《優秀賞》

自己評価↓最低 他者評価↑最高 ダメダメ美少女が大勝利!
著者: 小林湖底 (著者) / りいちゅ (イラストレーター)
シリーズ:「ひきこまり吸血姫の悶々」シリーズ(GA文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「……ふぇ? な、なに?」

引きこもりの少女テラコマリこと「コマリ」が目覚めると、
なんと帝国の将軍に大抜擢されていた!

しかもコマリが率いるのは、下克上が横行する血なまぐさい荒くれ部隊。

名門吸血鬼の家系に生まれながら、血が嫌いなせいで
 「運動神経ダメ」
 「背が小さい」
 「魔法が使えない」
と三拍子そろったコマリ。

途方に暮れる彼女に、腹心(となってくれるはず)のメイドのヴィルが言った。

「お任せください。必ずや部下どもを勘違いさせてみせましょう!」

はったりと幸運を頼りに快進撃するコマリの姿を描いたコミカルファンタジー! 

引きこもりだけど、コマリは「やればできる子」!?

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなのラノベまとめ

  • 2020年上半期 BEST10 【好きラノ風】
    やまさきりゅうが作成したまとめ2020年上半期 BEST10 【好きラノ風】で紹介されています。
    12

みんなからのレビュー

  • 海猫

    名門吸血鬼の家系に生まれながら、引きこもりの美少女コマリ。が、荒くれ部隊を率いる将軍に抜擢されてしまう。コマリの一人称でぼやく語り口が面白い。腹心メイドのヴィルの行動が破天荒なのが笑いをさらに誘う。部下から強い将軍と思い込まれ尊敬される過程はコメディーとして読ませる。全編これでいくのか?と思いきや中盤から不穏さが出て、シリアスさが増していく。ドラマ作りが上手くて感心。ドタバタな前半の展開の中で、コマリが成長していたことに打たれるし、終盤のバトルが燃える。一冊で楽しめる要素が多い作品。2巻も出たので読もう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    ギャグがメッチャ笑えたし、予想外に熱い展開もあり面白かった。名門貴族令嬢で引きこもりのコマリを社会復帰させるため、パパが見つけてきた就職先が、帝国軍第七部隊の将軍職「七紅天大将軍」。殺人犯、テロリスト、幼女誘拐犯などが集められた問題児集団であり、弱い上司を簡単に殺害してしまう下克上なヤツラ。コネ入社で戦闘力ゼロのコマリが、ハッタリと勘違いで将軍職をギリギリ乗り切っていくギャグパートがテンポ良く笑える。実はコマリには本人も知らない能力があり、後半の展開はとても熱くラストシーンは痛快でした。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★★☆ GA文庫大賞優秀賞受賞作品。発売前のpvを見る感じ少し自分には合わないかな〜と心配していたが全くそんなことはなく、思っていたよりギャグテイストが少なめだったこともあって最後まで楽しみながら読み進めることが出来た。あらすじにもあるような周囲の人達に実は自分にはなんの力もないことをバレないように誤魔化し続ける〜といった要素は正直そこまで作り込まれたものではなく、本当にその場しのぎの策や咄嗟の機転で誤魔化すくらいのレベルのものだったが、そこを差し引いても余りある主人公・コマリとそのメイドであるヴィ→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    引きこもりの少女コマリが目を覚ましたら帝国の将軍に抜擢されておりしかも率いるのが下克上上等な部隊でロリコンやったりラッパーやったりと個性豊かな面々が集まっていた。何をやらせてもダメダメなコマリは途方に暮れていたがメイドのヴィルの助け?を借り、はったりと幸運で快進撃を続けていく話。面白い事は面白いんだけども予定調和みたいな感じがしてるのも否めないかなとは思ったり。イラストは挿絵も上手かったし良かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まるぼろ

    ある事を切っ掛けに三年の間引きこもっていた名門吸血鬼の生まれの少女テラコマリは、自身の不用意な発言からムルナイト帝国軍の将軍に抜擢され…と言うお話です。とても面白かったです。魔核によって寿命以外で本当の意味で死ぬ事がない世界での戦争話なので、前半はDOGDAYSに近い様なコミカルなノリで、ミリセントが登場してからは過去のトラウマに怯えていたコマリが一歩前へ進む話と、その三年前の真相と…、と言う意味で楽しく読めました。ミリセントを倒して色々と先が開けた今巻ですが、次巻はまたどんな話になるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/01/14
  • 定価
    620円+税
  • ISBN
    9784815604653

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル